ザ・エクスプロリアン・コフンリッチ (メキシコ、ユカタン半島、チェトゥマル)

プール メキシコのタイムシェア
スポンサーリンク

カンクンからバスとタクシーで7時間(詳しい行き方はこちら)、ユカタン半島の南部、ベリーズにも近いところに位置するジャングルの中に佇むリゾート、ザ・エクスプロリアン・コフンリッチに到着しました!

ジャングルの中にひっそりと佇むリゾート!

ジャングルの中をかき分けて進んでいくと、大きな人工池に「Explorean」と文字が書かれていて、大きな茅葺き屋根のロビーが見えてきました。

入り口の大きな茅葺き屋根と池

入り口の大きな茅葺き屋根と池

中に入ると、左手に受付のレセプションが。早速チェックインします。

レセプション

レセプション

チェックインの手続きをしているとウェルカムドリンクを持ってきてくれました。長時間の移動でヘトヘトになっている体にしみいります。

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンク

レセプションの後ろにはくつろげるソファー席があります。毎日行われるアクティビティーの出発をこのソファーで待っていました。アクティビティーについてはまた後日書こうと思っています。

ロビー入り口

ロビー入り口

レセプションの先には共用のロビーフロアがあります。ロビーフロアにはWi-Fiが完備されています。ジャングルの中だからでしょうか、個別の部屋にはWi-Fiが飛んでいないので、ネットに接続するにはロビーに来ないといけません。ジャングルまで来てネットするなということでしょう。

ロビー

ロビー

ロビーにはセルフバーがあります。朝の10時から夜10時までいつでも自由に使うことができます。アルコールからソフトドリンクまで色々揃っていて飲み放題です。

セルフバー

セルフバー

茅葺き屋根のロビーの先にはプールエリアがありました。

プール

プール

プールの前はジャングルです。鳥の鳴き声が絶えず聞こえてきます。

プールの先はジャングル

プールの先はジャングル

プールの横にはジャグジーもありました。

ジャグジー

ジャグジー

こちらがレストラン。ロビーのすぐ横にあります。リゾート内にレストランはここ1軒だけなので、こちらで朝、昼、晩食べることになります。オールインクルーシブに含まれているので、食事をするのにいちいちお金を払う必要はありません。僕たちは1週間滞在しましたが、毎日違った美味しいメキシコ料理が食べられて、飽きることがありませんでした。どんな料理が出てきたのかは次回ご紹介したいと思います!

レストラン

レストラン

オールインクルーシブには食事・アルコールだけでなく、毎日のアクティビティーも含まれています。チェックインすると個別にプログラムされたアクティビティー予定表が配られます。予定表を見て、興味があるアクティビティーであれば集合時間までにロビーに集合すると連れて行ってくれるという仕組みでした。僕たちは貧乏性なので、全部のアクティビティーに参加しましたが、遺跡訪問、カヤック体験など、どれも楽しく、貴重な経験になりました。アクティビティーについても後日このブログでまとめたいと思っています。

アクティビティー予定表

アクティビティー予定表

さて、ここからは宿泊したバンガローの紹介です。こちらがバンガローの入り口。茅葺き屋根で、ジャングルに来たぞーという感じがします。

バンガロー入り口

バンガロー入り口

今回宿泊した部屋は6号室でした。

部屋番号は6

部屋番号は6

部屋の入り口の前にはハンモックとリビングルームのスペースが付いています。ハンモックの寝心地はなかなかでした。

入り口のハンモック

入り口のハンモック

リビングには毎日鳥たちがやってきます。

野鳥

野鳥

一度だけ、キツネのような動物もやってきました。

野生のキツネ?

野生のキツネ?

バンガローの中に入ると、すぐにベッドルームがあります。

バンガロー内ベッドルーム

バンガロー内ベッドルーム

ベッドルームの左側には洗面台。ペットボトルの水は無料で毎日もらえました。

バンガロー内 洗面台

バンガロー内 洗面台

アメニティはあまり充実していない感じですが、ジャングルの中なので、贅沢は言えません。

バンガロー内 付属のアメニティ

バンガロー内 付属のアメニティ

洗面台の横にはトイレとシャワーがあります。バスタブはありません。シャワールームのドアの先は外につながっていて、小さな庭があります。

バンガロー内 シャワー&トイレ

バンガロー内 シャワー&トイレ

有料のラウンドリーサービスはありますが、洗濯・乾燥機はついていません。洗濯機があること前提で、衣類はあまり持って行っていなかったので、どうやりくりするかに頭を悩ませました。

タイムシェアのコンドミニアムは1週間滞在しても掃除は1回だけというところがほとんどですが、こちらは毎日掃除してくれました。

コンドミニアムというよりはホテルに近いサービスといった感じですね。

聞いた方皆さん、1週間以上の長期滞在をするということなので洗濯機があったら、もっと便利なのにと思いましたが、それ以外はパーフェクトなリゾートでした!

次回はレストランの食事を紹介します!ご期待ください!

訪問日: 2016年3月

■ザ・エクスプロリアン・コフンリッチ (The Explorean Kohunlich)
場所: メキシコ、ユカタン半島、チェトゥマル

その他のタイムシェアのお部屋紹介

これまで実際に泊まってみたタイムシェアのお部屋下の記事にまとめています。

実際に泊まってみたタイムシェアのお部屋 まとめ (ヒルトン、アナンタラ、ビダンタ)
ヒルトンのタイムシェアはハワイだけでなく、米国本土のラスベガスやオーランド、カンクンやロスカボスなどのメキシコやイタリア、ポルトガルなどのヨーロッパ、タイやインドネシアなどの東南アジアにも施設があります。このブログでは実際に滞在したお部...

タイムシェアのある生活をスタートする!

出不精夫婦が初めてヒルトンのタイムシェアを知ったのは2013年のハワイ旅行で、ヒルトンハワイアンビレッジに宿泊したときのことでした。

ヒルトン・グランド・バケーションズの90分の説明会を聞けば、100ドル相当の「ヒルトン スターライト ルアウ」のチケットを2名分くれると聞いて、説明会に参加してみることにしたのです。

最初は全くオーナーになる気はなかったのですが、営業さんの熱心な説明に初ハワイの浮かれた気分も手伝って、気がつけば契約書にサインを交わしていました。

出不精だった私達ですが、それからというもの、毎年このヒルトンのタイムシェアを利用してハワイやラスベガス、メキシコといった海外に旅行にでかけるようになり、旅が中心の生活をするようになりました。

こんな私達のようにタイムシェアのある生活をヒルトンハワイアンビレッジからスタートしてみてはいかがでしょうか?

以下のリンクからヒルトンハワイアンビレッジの予約ができますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事にコメントする
メキシコのタイムシェア
スポンサーリンク
ツイート・シェアして他の人にもこの記事をお知らせする
Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!
あわせてこちらもどうぞ!(一部広告あり)
出不精夫婦が暮らすように旅するブログ