これぞアメリカ!が味わえる全米チェーンのバッファローウィング専門店 Buffalo Wild Wings

最初のオーダー ハワイ - オアフ島のグルメ
スポンサーリンク

アメリカのご飯は美味しくない!そういった声をよく聞きますが、僕たち夫婦はフライドチキンにハンバーガーなど、アメリカのご飯が大好きです。昨日のGoofyではオーガニックな夕ご飯だったので、今日はとことんアメリカご飯!ということで全米にチェーン展開しているバッファローウィングの専門店、バッファロー・ワイルド・ウィング (Buffalo Wild Wings)に行ってきました!

宿泊しているカリアタワーを出て、アラモアナ通りをアラモアナセンター方面に歩いていくと右手に羽の生えたバッファローのロゴが見えてきます。これが今日のお目当てのお店、バッファロー・ワイルド・ウィングです。

バッファロー・ワイルド・ウィング お店外観

バッファロー・ワイルド・ウィング お店外観

お店の外観を横目にアラモアナ通りをもう少し進んでいくと入り口が見つかります。

バッファロー・ワイルド・ウィング お店入り口

バッファロー・ワイルド・ウィング お店入り口

店内はアメリカのスポーツバーといった感じでたくさんのテレビから色々なスポーツが流れています。2009年にオープンした当時は1時間近く並ばないと入れなかったお店らしいのですが、18:30ごろ行ったところ、お客さんはまばら。欧米人が多く、日本人は誰もいないようでした。

バッファロー・ワイルド・ウィング 店内

バッファロー・ワイルド・ウィング 店内

奥の方にカウンターもあるようですが、テーブル席に通されました。

バッファロー・ワイルド・ウィング テーブル席

バッファロー・ワイルド・ウィング テーブル席

メニューはこんな感じ。真ん中にWings (バッファローウィング)がどーんと。その周りにはWIngs以外の料理が並んでいます。

バッファロー・ワイルド・ウィング メニュー

バッファロー・ワイルド・ウィング メニュー

バッファローウィングはタイプ、サイズ、フレーバーが選べます。タイプはBoneless (骨なし)かTraditional (トラディショナル)のどちらかを、サイズはSNACK、SMALL、MEDIUM、LARGEの4種類から、フレーバーはなんと21種類から選ぶことができます。

バッファローウィングは21種類のフレーバーが

バッファローウィングは21種類のフレーバーが

油こってりのアメリカ料理を食べる時もサラダを取ればとりあえず大丈夫という独自ルールにのっとり、サラダをメニューから探します。

ありました。基本的にはサラダにもお肉が乗っているようですが、GARDEN SIDE SALADやCAESAR SIDE SALADといったサラダだけのものもありそうです。

サラダもありました

サラダもありました

ビールを見てみると、ON TAP (いわゆる生ビール)の種類が豊富!ローカルのコナビールやIPAもいくつかあるようです。

生ビールの種類が豊富です

生ビールの種類が豊富です

悩んだ挙句、最初のオーダーは生ビール (KONA CASTAWAYとLAGUNITAS IPA)に、ガーデンサイドサラダ、バッファローウィングのトラディショナルタイプで一番辛いソースのBLAZINにサイドメニューのフレンチフライで挑んでみることにしました。

ウェイターを呼び止め、注文します。バッファローウィングのサイズを確認すると、SNACKが5ピースくらいでSMALLが10ピースというので、SNACKに。ソースはBLAZINでと言うと、「お前はそれを食べたことがあるのか?」と聞かれたので、初めてだというと、「これはマジで辛いから、とりあえず、試してみるか?」といってソースを持ってきてくれました。

一番辛いBLAZINソース

一番辛いBLAZINソース

運ばれてきたBLAZINソースは真っ赤で確かに辛そう。一緒に持ってきてくれた人参、セロリにつけて試してみると、めちゃめちゃ辛い!これがべったり絡んだチキンはさすがに食べられないだろうということで、一気にトーンダウンして中間くらいの辛さのSPICY GARLICに変更してもらいました。

まずはビールで乾杯!両方とも美味しいのですが、特にLAGUNITAS IPAは好みの味です。

生ビールで乾杯!

生ビールで乾杯!

ビールをちびちびやっていると、料理が運ばれてきました。サラダ以外は紙の皿です。アメリカンな感じがしますね。サラダもポテトもサイドメニューのサイズのはずですが、日本でいうと普通に1人前。ガストで言ったら山盛りポテトフライくらいの量があるんじゃないでしょうか。人参とセロリはバッファローウィングを注文するとサービスで付いてくるようです。

最初のオーダー

最初のオーダー

5本と言っていたSNACKサイズのバッファローウィング、実際には6本入ってました。スパイシーガーリック(SPICY GARLIC)の味ですが、いわゆるバッファローウィングのソースに近く、結構酸味が強くて、ガーリックな感じはあまりしませんでした。酸味が好きかどうかで好みが分かれそうな味です。

Wings, Traditional, Snack, Spicy Garlic $9.49

Wings, Traditional, Snack, Spicy Garlic $9.49

Boneless (骨なし)のタイプも食べてみたいということで、SNACKサイズのTHAI CURRY (タイカレー)味も追加してみました。

タイカレーというよりは日本のカレースナックをもう少し本格的にしたような味で、こちらの方が好みの味でした。衣まで味がしっかり付いていて、ビールのおつまみには最高です。おつまみとしてじゃないと少ししょっぱいかもしれません。

Wings, Boneless, Snack, Thai Curry

Wings, Boneless, Snack, Thai Curry

最後にお店の雰囲気を味わっていただけるよう、動画を撮影してみました。

ハワイにいながらアメリカ本土のバーにいるような雰囲気の味わえるバッファロー・ワイルド・ウィング。美味しいヘルシーな料理が食べたい方には向きませんが、ジャンキーな料理でローカルの生ビールを楽しみたいという方にはオススメです!

■バッファロー・ワイルド・ウィング (Buffalo Wild Wings)
URL: http://www.buffalowildwings.com/

Buffalo Wild Wings Honolulu, HI – Ala Moana Blvd.アメリカ料理 / ワイキキ)
夜総合点★★★☆☆ 3.2