オープンシーズン予約がお得!グランド・ワイキキアンのお部屋紹介 2ベッドルーム 1105号室

グランド・ワイキキアン外観 ハワイ - オアフ島のタイムシェア
スポンサーリンク

今日はオアフ島のヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内にあるタイムシェア専用タワー、グランド・ワイキキアンの2ベッドルームのお部屋、1105号室の中身を紹介します!

グランド・ワイキキアン

グランド・ワイキキアンは2008年12月にオープンした新しいタワーで、
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内のアラモアナ通り沿いに建てられています。アラモアナショッピングセンターにも徒歩10分程度で行けちゃいます。
38階建てのタワーは、32階までが1・2LDK、上層階の5フロアは2・3LDKのペントハウスフロアになっています。

8階には宿泊者は誰でも使えるラウンジがあり、チェックインや出発までの時間を、ゆったり過ごすことができます。
また35階にはペントハウスのオーナー専用のラウンジもあるそう。

オープンシーズン予約がお得な理由

このグランド・ワイキキアン、同じくヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内にあるカリアタワーやラグーンタワーに比べると、新しくて設備が豪華な分、宿泊するのに必要なポイントも約1.5倍と割高です。

僕たちはなるべく少ないポイントで色々なところに宿泊したいので、ポイントでの宿泊はカリアタワーやラグーンタワーを選んでしまいます。

なのでグランド・ワイキキアンに宿泊することはあまりないかなと思っていたのですが、オープンシーズン予約での利用であればお得に滞在できることに気づいてしまいました。

オープンシーズン予約は、滞在の30日前から予約可能になり、オープンシーズンレンタル料金という格安料金(1泊$80〜)で利用出来る予約オプションです。通常のポイントでの予約(クラブ予約)は9か月前からできるのですが、1か月を切っても空いている部屋はクラブオーナーに格安で提供しましょうという仕組みだと理解しています。

このオープンシーズンレンタル料金、ハワイ、フロリダ、ニューヨークとそれ以外の地域によって値段が異なるのですが、ハワイの中ではどの施設でも同じタイプの部屋ならば同じ料金なんです。つまりグランドワイキキアンの1ベッドルームもカリアタワーの1ベッドルームも同じ値段なんです。ポイントだと1.5倍もするのに、同じ値段で利用できるなんてお得ですよね!

そんなグランド・ワイキキアンの2LDK、2ベッドルームの部屋の中身はこちら!

濃いめの茶色の家具たちが落ち着いた雰囲気を出していていい感じです。

その他のタイムシェアのお部屋紹介

これまで実際に泊まってみたタイムシェアのお部屋下の記事にまとめています。

実際に泊まってみたタイムシェアのお部屋 まとめ (ヒルトン、アナンタラ、ビダンタ)
ヒルトンのタイムシェアはハワイだけでなく、米国本土のラスベガスやオーランド、カンクンやロスカボスなどのメキシコやイタリア、ポルトガルなどのヨーロッパ、タイやインドネシアなどの東南アジアにも施設があります。このブログでは実際に滞在したお部...

タイムシェアのある生活をスタートする!

出不精夫婦が初めてヒルトンのタイムシェアを知ったのは2013年のハワイ旅行で、ヒルトンハワイアンビレッジに宿泊したときのことでした。

ヒルトン・グランド・バケーションズの90分の説明会を聞けば、100ドル相当の「ヒルトン スターライト ルアウ」のチケットを2名分くれると聞いて、説明会に参加してみることにしたのです。

最初は全くオーナーになる気はなかったのですが、営業さんの熱心な説明に初ハワイの浮かれた気分も手伝って、気がつけば契約書にサインを交わしていました。

出不精だった私達ですが、それからというもの、毎年このヒルトンのタイムシェアを利用してハワイやラスベガス、メキシコといった海外に旅行にでかけるようになり、旅が中心の生活をするようになりました。

こんな私達のようにタイムシェアのある生活をヒルトンハワイアンビレッジからスタートしてみてはいかがでしょうか?

以下のリンクからヒルトンハワイアンビレッジの予約ができますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事にコメントする
ハワイ - オアフ島のタイムシェア
スポンサーリンク
ツイート・シェアして他の人にもこの記事をお知らせする
Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!
あわせてこちらもどうぞ!(一部広告あり)
出不精夫婦が暮らすように旅するブログ