ハワイに来たら必ず行ってしまうステーキハウス!Ruth’s Chris Waikiki (ルースズ・クリス ワイキキ)

PORTERHOUSE (ポーターハウス) ハワイ - オアフ島のグルメ
スポンサーリンク

ハワイに来たら必ずステーキを食べに行くのがRuth’s Chris (ルースズ・クリス)。今回もやっぱり行っちゃいました!

全米に多くの店舗を持つステーキハウス

ルースズ・クリスはアメリカのどこの都市に行っても目にする全米に多くの店舗を展開しているステーキハウスで、こんな看板が目印です。

ルースズ・クリス・ステーキハウス (RUTHS CHRIS STEAK HOUSE)

ルースズ・クリス・ステーキハウス (RUTHS CHRIS STEAK HOUSE)

入り口横にはこんな看板が。

  • 5:00pmから6:00pmの間限定でスープまたはサラダとメインデッシュ、デザートが付いて$49.95のプライムタイムメニュー
  • 5:00pmから7:00pmのハッピーアワー
  • 毎週水曜日はボトルワインが25%引きになるワインウェンズデー

の3つのお得な情報です。そして今日は水曜日。ワインが25%オフです!

お得情報がまとめられたポスター

お得情報がまとめられたポスター

お店の店内はこんな感じ。6:30に訪れましたのですが、すでにかなりの混雑です。

ルースズ・クリス・ステーキハウスの店内

ルースズ・クリス・ステーキハウスの店内

予約していた時間から少し待った後、席に通されメニューを見ます。

メニュー

メニュー

料理を選びつつ、まずは1パイントの地ビールで乾杯。

まずはビールで乾杯!

まずはビールで乾杯!

ビールのおつまみはお通しで運ばれてきたパン。パンは温められていて、美味しさが倍増します。

お通しのパン。あったかいです。

お通しのパン。あったかいです。

今回注文したのは前菜3品とステーキ。ステーキは3つの部位が味わえるようにポーターハウスとリブアイステーキを注文しました。

まずはルースクリスのオリジナル、ルースズ・チョップサラダ。千切りレタス、ベビーほうれん草、赤チコリに赤玉ねぎ、マッシュルーム、グリーンオリーブ、ベーコン、卵、クルトン、ブルーチーズなど具沢山のサラダにレモンバジルドレッシングがかけ、カリカリタマネギをトッピングした一品です。いろいろな味がして美味しい!

RUTH’S CHOP SALAD (ルースズ・チョップサラダ)

RUTH’S CHOP SALAD (ルースズ・チョップサラダ)

続いて、バーベキューシュリンプ。ワイン、バター、ニンニクとスパイスでソテーしたニューオーリンズスタイル。海老がプリプリでソースも美味しくてお気に入りです!

BARBECUE SHRIMP (バーベキューシュリンプ)

BARBECUE SHRIMP (バーベキューシュリンプ)

そしてもう一つのお気に入りがエスカルゴ。たこ焼き器のようなくぼみにはたっぷりのニンニクとエスカルゴが入っていて、上にチーズがかかっています。今回は混雑していた時間だからか、グツグツしていなかったのが残念ですが、それでも美味しい!熱々だともっと美味しいので、混雑していない時間に行くのがベストですね。

ESCARGOT (エスカルゴ)

ESCARGOT (エスカルゴ)

そろそろステーキの時間。25%引きのワインを注文してステーキが来るのを待ち受けます。

ステーキには赤ワイン!

ステーキには赤ワイン!

そしてついにステーキが熱々のお皿に乗ってやってきました!こちらはリブアイ。

RIBEYE (リブアイ)

RIBEYE (リブアイ)

そしてこちらがポーターハウス。圧巻のボリュームです。

PORTERHOUSE (ポーターハウス)

PORTERHOUSE (ポーターハウス)

外はカリカリ、中は丁度いいピンク色。ベストな焼き加減で最高に美味しい!大満足のステーキディナーでした。

RIBEYEの断面

RIBEYEの断面

よろしければ動画もご覧ください。今回はちょっとかっこよくできました。

実際に行ってみたハワイのステーキハウス まとめ

ハワイに来たらステーキハウスでアメリカンなステーキを食べたいですよね!私達が実際に行ってみたハワイのステーキハウスをまとめました!

実際に行ってみたハワイのステーキハウスまとめ
熟成肉が絶品のハワイのステーキハウス僕達夫婦が初めて訪れたステーキハウスはハワイのワイキキにある「ルースズ・クリス ステーキハウス」でした。このとき食べたステーキはニューヨークステーキとリブアイだったのですが、日本の霜降りのステーキと違...

ルースズクリス ワイキキについて

ルースズ・クリスはアメリカのどこの都市に行っても目にする全米に多くの店舗を展開している高級ステーキハウスです。

「有吉の夏休み」「ナカイの窓」「ノンストップ」といった日本のTV番組でも紹介され、日本人にも人気のお店です。

50年以上の歴史を誇る老舗のステーキハウス「ルースズ・クリス」では、独自の製法で熟成させたUSDA(米国農務省)認定の最高級プライムビーフのステーキや、ハワイ近海で獲れた魚介を使ったシーフード料理が楽しめます。

ステーキは、厚切りのお肉をオリジナルで開発したオーブンに入れて約980度の高温で焼き上げ、約260度のプレートで運ばれてきます。

ジュージューと音を立ててやってくるステーキは味だけでなく目でも楽しませてくれます。

ルースズクリスワイキキの場所と営業時間は?

場所

ルースズクリス ワイキキはヒルトンのタイムシェア、ホクラニ・ワイキキや鉄板焼きとお寿司などを提供する和食のレストランカイワ、イタリアンレストランのタオルミーナ、100種類以上の生ビールが楽しめるヤードハウスなどがあるワイキキビーチウォークの2階にあります。

営業時間

ルースズクリス ワイキキは年中無休で営業しています。

営業は夜のみで、営業時間は午後4時30分~午後10時です。

ルースズクリス ワイキキのおすすめメニューは?

脂が美味しい!リブアイステーキ

ルースズクリスのおすすめメニューはもちろんUSDA(米国農務省)認定の最高級プライムビーフを使ったステーキ!

フィレステーキも美味しいのですが、出不精夫婦のオススメはリブアイステーキ!

リブアイステーキ!

リブアイステーキ!

リブアイステーキはウルフギャング・ステーキハウスのハッピーアワーで食べられるニューヨークサーロインと比べて脂がのっている部位です!

高温でしっかり焼かれた脂は本当に絶品!

お肉の脂が好きな方には絶対オススメの一品です!

また、大人数で行ったなら、トマホークステーキもオススメ!

トマホークステーキは骨付きのリブアイステーキで、見た目もド派手!!

かなり巨大な肉の塊なので、みんなでシェアして食べましょう。

ソースが絶品!バーベキューシュリンプ

ルースズクリスはステーキ以外の料理も美味しいです。

特に出不精夫婦が気に入っているのは前菜のバーベキューシュリンプ!

バーベキューシュリンプ BARBECUED SHRIMP 12ドル (通常21ドル)

バーベキューシュリンプ BARBECUED SHRIMP 12ドル (通常21ドル)

大ぶりのエビはぷりぷりで何よりニューオリンズスタイルのソースが絶品です!

残ったソースは添えられたマッシュポテトに絡めて食べると美味しいです!

ルースズクリス ワイキキのハッピーアワー

ルースズクリス ワイキキのハッピーアワーは毎日4:30PM〜7:00PM2時間30分の間実施しています。

ハッピーアワーが楽しめるのはバーカウンターの席のみで、用意されている席は20席程度です。

超人気店のルースズクリス ワイキキは予約必須のお店ですが、ハッピーアワーは予約をすることができないので、早いもの勝ちになります。

オープンから30分も経過すると、ハッピーアワー用のカウンターはご覧のように満席になってしまいますので、並んで待ちたくないのであればオープン直後に訪れることをオススメします!

ルースズ・クリスのバーカウンター

ルースズ・クリスのバーカウンター

ルースズクリスのハッピーアワーのドリンクは生ビールが5ドル、ローカルビールはビキニブロンドが用意されています。ワインはグラスで6〜8ドル程度でいただけます。そのほかマティーニやマルガリータといったカクテルも6〜7ドルでいただけます!

料理はグランドメニューにもあるアペタイザー(前菜)の中から次の8品が5ドル〜9ドル引きの値段でお得にいただけます。

ハッピーアワー前菜メニュー

  • オイスターロックフェラー OYSTERS ROCKEFELLER 12ドル (通常19ドル)
  • バーベキューシュリンプ BARBECUED SHURIMP 12ドル (通常21ドル)
  • マッシュルームの蟹肉詰め MUSHROOMS STUFFED WITH CRABMEAT 10ドル (通常19ドル)
  • マグロのタタキ SHEARED AHI-TUNA/SASHIMI 13ドル (通常 22ドル)
  • カラマリ CALAMARI 11ドル (通常 20ドル)
  • ビーフカルパッチョ CARPACCIO 13ドル (通常 21ドル)
  • 仔牛のオッソブーコラビオリ VEAL OSSO BUCO RAVIORI 12ドル (通常 21ドル)
  • エスカルゴ ESCARGOT 12ドル (通常 17ドル)

※内容・金額は2018年6月に訪問したときのものです。

元の値段が高額なので、大幅な割引後も軒並み10ドル超えとなっていますが、手が込んだ料理が多く、どれを頼んでも美味しいです。

さらにハッピーアワーの時間帯は時間限定特別メニューとしてステーキも食べられるお得なセットメニューが用意されています。

セットの内容は、前菜、メインディッシュ、サイド、デザートで、選んだメインディッシュによって、値段は54.95ドルか64.95ドルとなります。

時間限定特別メニュー

  • 前菜(いずれか1品)
    • シーザーサラダ
    • ステーキ・ハウス・サラダ
  • メインディッシュ(いずれか1品)
    • 54.95ドル
      • プチ・フィレ
      • 本日の魚料理
      • 鶏胸肉のチーズ詰め
    • 64.95ドル
      • フィレ
      • ニューヨークステーキ
      • リブアイ
  • サイド(いずれか1品)
    • ガーリックマッシュポテト
    • ほうれん草のクリーム煮
    • ライス
  • デザート(いずれか1品)
    • ハーゲンダッツアイスクリーム
    • シャーベット
    • ホワイトチョコレート・ブレッド・プディング
    • その他のお好きなデザートにアップグレード(+4.95ドル)
  • ステーキソース& トッピング(追加料金あり)
    • ブルーチーズクラスト(+8ドル)
    • 大海老6尾 (+19ドル)
    • オスカースタイル (+20ドル)

※内容・金額は2018年6月に訪問したときのものです。

ルースズクリス ワイキキのドレスコードは?

ドレスコードはビジネスカジュアルとなっていますが、ハワイだからか短パンTシャツ姿で食事を楽しむ人達もよく見かけます。

出不精夫婦も短パンやスカート、アロハシャツやTシャツにビーチサンダルで行きますが入れてもらえなかった事はありません。

格好に気を使わずにステーキを楽しめます!

ルースズクリス ワイキキの会計方法とチップは?

多くのアメリカのレストラン同様、ルースズクリス ワイキキのお会計はテーブルチェック(テーブル席でのお会計)です。

お会計をしたい場合、サーブしてくれたウェイターさんに、「チェック プリーズ」と言えばOK!

しばらくするとホルダー伝票を持ってきてくれます。

支払いは現金またはクレジットカードもOK。

チップは15〜20%が相場です。

現金で支払う場合

現金の場合は、合計金額にチップを上乗せした金額を伝票にはさみましょう。

お金を挟んだら、そのまま席を立ってOKです。

もし、会計が120ドルで、100ドル札2枚しかないような場合は、ホルダー伝票に200ドルをはさんでウェイターさんに渡します。

すると、お釣りを持ってきてくれるので、チップをテーブルに置いて席を立ちます。

お会計が120ドルの場合、15%で18ドル。チップは紙幣が良いとされているので、この場合は20ドル札を1枚置いて席をたつのが良いと思います。

クレジットカードの場合

クレジットカードの場合はホルダー伝票にクレジットカードをはさんでウェイターさんに渡します。

ホルダーの上の方にクレジットカードを入れるポケットがあるので、そこにはさんで渡しましょう。

しばらくすると、決済済みのレシートを持ってきてくれるので、レシートにチップの金額とサインを書けばOKです。

(旅行にはクレジットカードが便利!出不精夫婦オススメのクレカはこちら)

ルースズクリス ワイキキの予約方法

ルースズ・クリス ワイキキは人気のお店なので直前だと予約が取れないこともよくあります。ハッピーアワーは予約できませんが、ランチやディナーで訪れるなら、ハワイ旅行に行く前に日本から事前に予約しておくことをおすすめします!

海外のレストランの予約に慣れているなら、電話で直接予約をしてもいいですし、OpenTableなどの予約サイトを利用して自ら予約するのも良いかもしれません。

ただ、海外のレストランを予約するのははじめてだとか、店員さんとの英語でのやりとりにちょっと不安があるとか、チップの計算はどうしたら良いの?などの心配事があるのなら、以下のベルトラやグルヤクを利用するという手があります!

ベルトラで食事券付き予約をする

僕達もよく利用するオプショナルツアーの予約サービス「ベルトラ」で今回紹介したルースズ・クリス ワイキキの食事券&事前予約サービスを実施しています。

ハワイ旅行に行く前に日本語のサイトで事前に予約ができますし、予約の際に料理をあらかじめ選んでおけるので、当日のメニュー選びや英語を話すウェイターさんへの注文に四苦八苦しなくてすみますよ!

また、料金にはチップも含まれますので、チップの計算で悩むこともなくなります!

icon iconicon

グルヤクで席のみ予約する

ベルトラは食事券がついてきますが、席だけ予約しておいて料理はメニューを見て自分で選びたい!という方は、海外レストランの予約をプロが代行して行ってくれる「グルヤク」で予約するのがオススメです!


グルヤクは海外レストランの予約を日本語で簡単にできる日本最大の海外レストラン予約サイトです。

グルヤクを運営するのは「ことりっぷ」や「まっぷる」などを出版する「昭文社」なので安心感があります。

グルヤクから予約をリクエストするとグルヤクの中の人があなたに代わってレストランに予約をしてくれます。

予約者とレストランの間にが入っているので、「夜景やサンセットが見れる席がいい」「記念日を祝いたい」など細かい注文を日本語でリクエストすることができちゃいます。

予約手数料が1人につき500円かかりますが、24時間オンラインで日本語予約が可能なので現地語ができなくてもOK!

事前に予約しておけば待ち時間を大幅に短縮できますし、24時間前まで何度でも予約の変更が可能です。

お店情報

■Ruth's Chris Waikiki (ルースズ・クリス ワイキキ)
URL: http://www.ruthschris.com/restaurant-locations/waikiki-oahu

Ruth’s Chris Steak House Waikiki – Oahuステーキ / ワイキキ)
夜総合点★★★★ 4.5