YouTubeも頑張ってます!ここをポチッとチャンネル登録お願いします!

スワンナプームとドンムアン。東京に成田と羽田があるようにバンコクには2つの国際空港がある!

スワンナプーム国際空港 海外旅行の知恵袋
スワンナプーム国際空港

旅をよくしているからでしょうか、羽田空港と成田空港を間違えるという経験を積むことで1UPするCMが妙に気になっていました。いやいやそれはいくら何でも普通は間違えないでしょう。そう思っていました。

スポンサーリンク

成田空港と羽田空港を間違えていいのは小学生まで

ちなみにそのCMはこちら。

とぼけた表情が何とも好きです。羽田と成田を間違えたのにも関わらず、冷静にいられるメンタルも素晴らしいです。でも現実にはこんなミスはなかなかしませんよね。僕もそう思っていました。

でも今日、これと似たようなことをやってしまったんです。

スポンサーリンク

バンコクで空港を間違える!

それは今朝のこと。バンコクからサムイ島に渡るため、ホテルをチェックアウトしスワンナプーム国際空港に向かうべく、ベルボーイにタクシーを呼んでもらいました。しばらくするとピンク色のタクシーがやってきて、行き先と搭乗する航空会社を「To the airport. Bangkok Airways to Samui」と伝えました。この時は航空会社と国内か国外かがわかれば空港もわかるだろうと安易に考えてしまっていました。

タクシーは空港に向かって順調に進んで行きます。途中高速道路を使うかと聞かれたので使ってくれと伝えます。しばらくして高速道路の料金所に差し掛かりました。料金所で現金を渡すことは行きのタクシーで経験済みです。ドライバーに50バーツを要求されたので、さっとスマートに現金を差し出します。料金所は2か所あり、50バーツと25バーツの計75バーツ必要であることも知っています。残りの25バーツを握りしめ、次の料金所に差し掛かるのを待ち構えます。そして2か所目の料金所に到着。25バーツをさっと差し出すと、ドライバーが失笑しながら70バーツだよと言ってきました。半ば混乱しながら、日中は値段が上がるのかなと自分を納得させ100バーツを差し出し、30バーツのお釣りをもらいました。

この辺りから、なんだか雲行きが怪しくなってくるのを感じ始めます。ただ、行きのタクシーは早朝で周りは真っ暗。景色を見ても行き先が間違っているのかどうかわかりません。それでも僕も奥さんも運がいい方だし、不安なのは気のせいだろうと思っていました。

スポンサーリンク

Don Mueng?

高速道路は混雑することもなくタクシーは順調に進んでいきます。もう直ぐ空港が近いのでしょう。看板にもAirportの文字が見えるようになりました。Airportの下にはDon Mueng。

あれ?Don Mueng? ドンムアン? スワンナプームじゃない?

不安が確信に変わります。ご存知の方も多いと思いますが、バンコクにはスワンナプーム空港とドンムアン空港という2つの国際空港があります。スワンナプームは国際線と国内線、ドンムアン空港はLCC国際線と国内線が就航していて、どちらも国内線があるんです。でも航空会社を伝えれば、正しい方に連れて行ってもらえると思っていました。事実バンコクエアウェイズはスワンナプーム空港をハブとしている航空会社です。航空会社がきちんと伝わっていなかったのでしょうか、今となってはもう遅いですがあの時、スワンナプームときちんと空港名を言うべきだったと悔やまれます。

それでももしかしたらドンムアン空港から飛行機が飛ぶかもしれない。そんな都合のいい妄想をしながら、一旦ドンムアン空港でタクシーを降りました。ちなみにこれまでにかかった費用は高速代70+50=120バーツとタクシー代200バーツの320バーツです。

スポンサーリンク

ドンムアン空港に到着

ドンムアン空港に到着し、一縷の望みをかけて空港職員に確認してみます。「この飛行機はここから飛びますか?」と。もちろん答えはNO。そうですよね。

もう腹をくくってスワンナプームまでタクシーで行くしかありません。現金が足りなそうなのでATMでお金をおろしてから、タクシーを捕まえるために到着口に向かいました。

到着口を出て、タクシーを探していると、黄色と緑のツートンカラーのタクシーがこちらに気づいて近寄ってきました。スワンナプームまで行きたいと伝えるとOKとのことなので、そのタクシーに飛び乗りました。

スポンサーリンク

なぜかガソリン0のタクシー

空港を間違えるというとんだ失敗をしてしまったのですが、不幸中の幸いだったのが余裕を持って早めにホテルを出たことでした。ドンムアン空港に到着した時でもまだ出発までに2時間ほど時間があったので、飛行機の出発には間に合いそうです。タクシーの運転手さん急いでねと心に思いながら乗っていると、なんだか車の様子がおかしいことに気づきます。スピードが全然出ず、どんどん他の車に追い抜かれていきます。テレビアニメや漫画で見るようなオンボロな車のようにプスン、プスンと定期的に音がして今にも止まりそうです。すると運転手、クーラーを突然消し、窓を開けて、「ガス0」というようなことを言ってきました。ガソリンのメーターを見てみると確かにゼロです。急いでいるのにと怒りそうなものですが、漫画やアニメの世界でしか見たことないガス欠寸前の車に生まれて初めて乗っているということが面白すぎて、逆に楽しくなってきてしまいました。

車はそのまましばらくノロノロ走り、行きつけっぽいガソリンスタンドに到着し、給油。その後は車も元気になり、なんとか出発時間の1時間前に無事スワンナプーム空港に到着できました。

今回ドンムアン空港からスワンナプーム空港までかかった料金は高速道路料金50+70=130バーツにタクシー料金930バーツと空港利用料50バーツの計1110バーツ。日本円で3,000円ちょっとでした。

スポンサーリンク

バンコクでは空港名をきちんと伝えよう

今回、無事飛行機に乗れたので良かったものの、余計な出費をしてしまいました。皆さんも同じ間違えをしないよう、バンコクで空港にタクシーで向かう時にはきちんと空港名まで伝えましょう。

スワンナプームとドンムアン、覚えておいて損はありませんよ!

海外旅行に行くなら持ってないと損!

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のエポスカード

海外旅行に行くなら万が一のためにエポスカードを作っておきましょう!

おすすめの理由は

  1. 海外旅行傷害保険が自動付帯
  2. ネット申し込みで最短即日発行
  3. 入会金・年会費・永年無料
  4. Visaなのでほぼどこでも使える

エポスカードのすごいところは無料なのに海外旅行傷害保険が自動付帯なところです。特にエポスカードで航空券やツアー代金などの旅行代金を支払っていなくても持っているだけで、いざというときに保険が適用されます!

渡航先で怪我をしてしまった場合の治療に適用される傷害治療費用は270万円、病気にかかってしまった場合の治療に適用される疾病治療費用は200万円、盗難にあってしまったりした場合に適用される携行品損害20万円と無料カードなのに手厚いです。

インターネット経由で申し込めば、マルイ、モディの店頭で即時発行・即時受け取りが可能なので、来週ハワイなんていう場合でも間に合います! (自宅に配達の場合でも1週間程度で受け取れます。)

また普及率No.1のVisaブランドのクレジットカードなので、海外でもクレジットカードが使えるお店ならほぼどこのお店でも利用できます。

旅行前にチェック!忘れ物はありませんか?
・格安ホテル航空券
・旅の記録にGoPro
日焼け止め
使い捨てスリッパ
海外Wi-Fiレンタル
モバイルバッテリー
海外旅行の知恵袋
スポンサーリンク
出不精夫婦

主にヒルトンのタイムシェアを利用して世界中のリゾートを夫婦2人で旅行してます。 タイムシェアを利用した宿泊は年間90泊以上。ハワイには毎年10週間(70日)滞在します。ラスベガスやメキシコにもよく行きます。

お得とお酒と食べることが大好き!なのでハッピーアワーが大好きです!

このブログでは実際に滞在したタイムシェアの施設や旅行先で食べた美味しいグルメやハッピーアワーの情報を紹介しています!

YoTubeもやってます!チャンネル登録お願いします!

出不精夫婦のYouTubeチャンネルはこちら

Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!
ツイート・シェアして他の人にもこの記事をお知らせする
Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!
この記事がよかったら・・・
いいね!やフォローで最新情報をお届けします!
出不精夫婦が暮らすように旅するブログ