バンコク到着!スワンナプーム国際空港からのコンラッドバンコクまでタクシーで行く方法

ちゃんと動いてない機械も。OSはWindowsのようです ヒルトン ホテル
スポンサーリンク

タイにやってきました!これからしばらくタイに滞在し、バンコク、サムイ、プーケットと周っていきます。まず最初の滞在先はバンコク。溜まっているヒルトンのHHonersポイントを使ってコンラッドバンコクに3泊します。そこで今日はタイの玄関口、スワナプーム国際空港からコンラッドバンコクまで、タクシーで行く方法を紹介します!

空港からホテルまでの移動手段

スワンナプーム国際空港からコンラッドバンコクまでの行き方を調べてみると、

  • 電車(エアポート・レール・リンク)
  • リムジン
  • 市内バス
  • タクシー

と言った手段があるようです。

この中で、バスは安いのですが、バスターミナルまで移動しなければならないのと、ちゃんと正しい行き先のものに乗れるのか不安があるので却下。リムジンは安心・安全ですが、1200バーツとお値段お高めなので却下。電車は安いのですが、コンラッドバンコクに行くには乗り換えが必要で、最寄り駅からホテルまで大きな荷物を持って歩かないといけないので却下。ということでタクシーを利用することに決定しました。

公共タクシー乗り場は空港の1階

空港の到着ロビーは2階なのですが、公共タクシー乗り場は1階なので、まずは1階におります。あちこちにTAXと書かれた標識があるので、それを目印に進みます。標識に従い進んでいくとエントランス7あたりを外に出ることになります。

外に出て周りを見回すと、たくさんのモニターと電子端末が並んでいるエリアが見つかります。これが公共タクシー乗り場になります。列に並んで順番が来るのを待ちましょう。

パブリックタクシー乗り場。システム化されています。

パブリックタクシー乗り場。システム化されています。

自分の番になったら、慌てずに端末の液晶の「GET TICKET」と書かれた部分をタッチしましょう。

使い方は簡単!GET TICKETのボタンを押すだけ!

使い方は簡単!GET TICKETのボタンを押すだけ!

すると、自分がタクシー待ちしている人の中で何番目かが表示されます。

ボタンを押すと待ち人数が表示されます

ボタンを押すと待ち人数が表示されます

待ち人数が0になり、タクシーの準備が整うと、電子端末からレシートが発行されます。今回早朝5時でタクシーの数が少なかったからか、待ち人数0になってもなかなかレシートが発行されず、どぎまぎしましたが、待っていればレシートが発行されるので、慌てずじっくり待ちましょう。

発行されるレシートはこんなものです。大きく書かれた数字がレーンナンバーで、この番号が書かれたレーンに行くとタクシーが待っています。レーンナンバー以外にもタクシーの情報として、ドライバーの名前やメンバーID、電話番号などが書かれています。タクシーに乗って万が一問題があったら、このレシートを使ってクレームをしたりすることができるので大事に保管しておきましょう。僕たちは仕組みがよくわかっておらず、このレシートをドライバーに渡してしまったのですが、渡してしまうと後で何かあった時にどうしようもなくなってしまうので、決して渡してはいけません。

順番が来るとレシートが発券されます

順番が来るとレシートが発券されます

56番の番号を頼りにレーンを探すと・・・、タクシーが待っていました。あとは運転手に行き先を伝えて乗せて行ってもらうだけです。「コンラッド」と伝えたら、わかってくれたようなのですが、英語がわからない運転手も多いと聞いたので、タクシーを使う際は行き先がタイ語で書かれたものを用意しておくといいかもしれません。

レシートに書かれたレーンへ行くとタクシーが待っていました

レシートに書かれたレーンへ行くとタクシーが待っていました

高速道路の利用料は別料金

タクシーに乗ってホテルに向かっている途中、今まで静かだった運転手が突然話しかけてきました。最初何を言っているのかよくわからなかったのですが、「セブンティファイブバーツ」と言っているようで、何かお金を要求しているようでした。前を見ると、高速道路の料金所のようなものが見えてきたので、そこで支払うお金かと気づき、100バーツを渡したところ、25バーツのお釣りと領収書(2か所分)を返してくれました。

高速道路の料金は全部で75バーツ

高速道路の料金は全部で75バーツ

早朝で道が混んでいなかったので、かなりのスピードで高速道路を飛ばすドライバー。事故ったら即死だなーというヒヤヒヤしましたが、30分ほどでホテルに到着しました。

到着時のメーターの料金は450バーツ。空港利用料金の50バーツを加えて500バーツを支払いました。相場よりちょっと高い気もしましたが、きちんとメーターを使っていましたし、早朝特急料金かな?ということで気にしないことにしておきます。

■コンラッドバンコク
公式サイトでコンラッドバンコクの詳細を見る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事にコメントする
ヒルトン ホテル
スポンサーリンク
ツイート・シェアして他の人にもこの記事をお知らせする
Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!
あわせてこちらもどうぞ!(一部広告あり)
出不精夫婦が暮らすように旅するブログ