色によって違いはある?バンコクでは何色のタクシーに乗るべきか?乗るべきでないか?

バンコク 緑と黄色のタクシー 海外旅行TIPS
スポンサーリンク

バンコクに来てからこれまで3回タクシーに乗りました。緑と黄色のツートンカラーのタクシーに2回、ピンクのタクシーに1回乗ったのですが、緑と黄色のタクシーに比べてピンクのタクシーの方が、値段も安く、対応も丁寧だったような気がしたので、ちょっと調べてみました。

バンコクのタクシーは色によって違いがある

検索してみるとすぐに色々と情報が出てきました。

バンコクのタクシーのダマされない安全な乗り方をリアルに解説! | アジアのきらめくホテル
タイのタクシー利用方法!バンコクで安全にボラれないタクシーの乗り方の特集です!旅行者に取って必要不可欠な乗り物のタクシー!便利で安いタクシーですがトラブルも満載!初心者でも出来る安全なコツを検証よ★
カラフルなバンコクのタクシーは何色がオススメ!? | BKKLIFE
バンコクでは様々なカラーのタクシーが走っていてます。タクシーの種類と接客の良し悪しを少しでも知っておくことでトラブルを回避しましょう。

どうやら色によって違いがあるようです。

単色が法人、ツートンが個人

まず大きな違いは単色のタクシーは法人タクシーで、ツートンカラーは個人タクシーだということ。

単色の法人タクシーは会社によって色が違い、いろいろな種類があるようです。僕たちが乗ったピンクのタクシーも法人タクシーだったんですね。

バンコク、ピンク色の法人タクシー

バンコク、ピンク色の法人タクシー

一方ツートンカラーの個人タクシーは評判が悪いようで、上記のどちらのサイトでも緑と黄色のタクシーは悪質な運転手も多いと書いてます。

確かに僕達が2回乗った緑と黄色のタクシーはどちらも車体がボロボロで、メーターこそ使っていましたが、今になって思うと料金の上がるスピードが速かったように思います。

実際、ピンクのタクシーでバンコク市内のホテルからドンムアン空港へは190バーツだったのですが、黄色と緑のツートンカラーのタクシーでほぼ同じ区間を反対に戻った時にはメーターが300バーツくらいになっていた気がします。

その時の詳しい経緯は昨日のこちらの記事に書いています。

スワンナプームとドンムアン。東京に成田と羽田があるようにバンコクには2つの国際空港がある!
旅をよくしているからでしょうか、羽田空港と成田空港を間違えるという経験を積むことで1UPするCMが妙に気になっていました。いやいやそれはいくら何でも普通は間違えないでしょう。そう思っていました。

結論:単色は乗ってよし。ツートンは乗らないに越したことはない

知らないとは恐ろしいことですね。今まで僕たちは評判の悪い緑と黄色の個人タクシーに乗ってしまっていたようです。

今回の旅では、サムイとプーケットに滞在した後、もう一度バンコクに戻るのですが、この時はタクシーの色に注意して乗るようにしようと思います。

ただ、空港からタクシーに乗る時はシステム化されているが故に自分で色を選べなさそうなんですよね。

バンコク到着!スワンナプーム国際空港からのコンラッドバンコクまでタクシーで行く方法
タイにやってきました!これからしばらくタイに滞在し、バンコク、サムイ、プーケットと周っていきます。まず最初の滞在先はバンコク。溜まっているヒルトンのHHonersポイントを使ってコンラッドバンコクに3泊します。そこで今日はタイの玄関口、スワ

どの色のタクシーに当たるか、これは運に頼るしかないのかなと思いますが、黄色と緑のタクシーに当たったとしても命の危険はなさそうなので、ぼられることも含めて楽しむ心を持とうと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事にコメントする
海外旅行TIPS
スポンサーリンク
ツイート・シェアして他の人にもこの記事をお知らせする
Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!
関連記事
出不精夫婦が暮らすように旅するブログ