コンラッドバンコク 1722号室のお部屋紹介

昼にお風呂に入るのも気持ちよさそうです ヒルトン ホテル
スポンサーリンク

今日はタイ周遊旅行の最初に滞在したコンラッドバンコクのお部屋を紹介します!

コンラッドバンコクのお部屋紹介動画

まずはこちらをご覧ください。

通路も豪華。なぜか鏡張り

エレベーターで17階に降りるとこんな風景が飛び込んできます。雰囲気はタイと言うより中国っぽいような気がします。

17階のエレベーターホール

17階のエレベーターホール

通路はなぜか鏡張り。ここを通るたびに食べ過ぎてお腹が出ていないかとか、チェックすることができます。

17階の通路。鏡張りです。

17階の通路。鏡張りです。

今回お世話になった1722号室の入り口です。木製の扉です。

1722号室入り口

1722号室入り口

中に入ってみると、仕事がはかどりそうなテーブルと椅子が。椅子はアーロンチェア!学生の頃、プログラマーになると決めてバイトしたお金で奮発して買った思い出のアーロンチェア。相変わらずの素晴らしい座り心地です。

写真を撮り忘れたのですが、机の後ろには大きなクローゼットがあります。大きめのスーツケースを開いて置けるスペースがあって、重宝しました。

仕事机。椅子はアーロンチェア!

仕事机。椅子はアーロンチェア!

ベッドはキングサイズ。枕が柔らかくていい感じです。

キングベッド

キングベッド

ベッドの上にはコンラッドオリジナルの象のぬいぐるみ。コンラッドはホテルによって、オリジナルのぬいぐるみを用意していて、クマのぬいぐるみが多いのですが、バンコクは象なんです。このぬいぐるみ、持ち帰りOKなので、これを集めている方もいるんだとか。

コンラッドオリジナルの象のぬいぐるみ

コンラッドオリジナルの象のぬいぐるみ

ベッドの横にはちょっと休めるテーブルと椅子。テーブルの上のフルーツは食べたら補充してくれますし、食べなくて古くなってくると新しいものに交換してくれました。

ベッドの横のテーブルには果物が

ベッドの横のテーブルには果物が

シャワールームはなかなか広くて、快適。シャワーの水圧もしっかりあっていい感じです。

シャワールームも広め

シャワールームも広め

バスタブも広く深く、肩までしっかり浸かれます。

バスタブは大きめ

バスタブは大きめ

バスタブにはこんな象のおもちゃも。お腹を押すとブヒブヒ鳴きます。この象のおもちゃも持ち帰りOKです。

象のおもちゃが置いてあります。持ち帰り可

象のおもちゃが置いてあります。持ち帰り可

アメニティーも充実しています。

豊富なアメニティ

豊富なアメニティ

体重計も完備されていました。

体重計も置いてあります

体重計も置いてあります

到着は早朝だったのですが、一眠りして明るくなったところで外の景色をパシャリ。

部屋からの景色

部屋からの景色

コンラッドバンコクはポイントより現金で宿泊した方がお得?

今回は溜まっているHHonersのポイントを使って3泊しました。1泊40,000ポイントで、合計12万ポイントです。一方、コンラッドバンコクの日本語公式ホームページから1泊の値段を調べてみると、だいたい5,000バーツ(15,000円)くらいです。

HHonersポイントの価値ですが、だいたい2ポイント1円くらいだと認識しているので、40,000ポイントでは20,000円ということに。

ポイントがあるとお得度を考えずついつい使ってしまいがちですが、HHonersポイントはポイントの有効期限もないので、ポイントか現金かどちらがお得か考えて予約するようにしようと思いました。

■コンラッドバンコク
公式サイトでコンラッドバンコクの詳細を見る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事にコメントする
ヒルトン ホテル
スポンサーリンク
ツイート・シェアして他の人にもこの記事をお知らせする
Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!
関連記事
出不精夫婦が暮らすように旅するブログ