YouTubeも頑張ってます!ここをポチッとチャンネル登録お願いします!

アナンタラ・バケーション・クラブ・バンコク・サトーンのお部屋紹介 2ベッドルーム 623号室

アナンタラ・バンコク・サトーン 623号室 リビング・ダイニング タイのタイムシェア
アナンタラ・バンコク・サトーン 623号室 リビング・ダイニング

バンコクに始まり、サムイ、プーケットとまわってきたタイ旅行ですが、1周まわってバンコクに戻ってきました。

今回のバンコクの滞在先はアナンタラ・バケーション・クラブ・バンコク・サトーン。サムイプーケットに続いてのアナンタラ・バケーション・クラブのタイムシェアです。

今日はそんなアナンタラ・バンコク・サトーンのお部屋を紹介します!

スポンサーリンク

シンプルでモダンなアナンタラ・バンコク・サトーンの部屋

アナンタラ・バケーション・クラブ・バンコク・サトーンは去年の12月に滞在したニュージーランド、クイーンズタウンのアナンタラ・バケーション・クラブ・アット・オークスショアと同じく、Oaks Hotels & Resortが運営しているからか、オークスショアにどことなく似ていて、ドアなどの部屋の作りが大きく、シンプルでモダンな雰囲気です。

部屋の外側もモダンな造りになっています。

こちらがエレベーターホール。謎のオブジェが一つあるだけのシンプルさ。

6階エレベーターホール

6階エレベーターホール

部屋に続く廊下もシンプルでホテルというよりは高級なアパートといった感じです。

6階の廊下

6階の廊下

部屋の前にやってきました。非常に背の高い木製の扉です。今回滞在する623号室は2ベッドルームのお部屋です。1ベッドルームで予約をしたのですが、閑散期で部屋が空いていたからでしょうか、2ベッドルームにアップグレードしてくれました。

623号室の入り口

623号室の入り口

スポンサーリンク

リビング・ダイニング

ドアを開けるとまずはリビングとダイニングが一つになった広い部屋があります。天井も高めでより広く感じます。

アナンタラ・バンコク・サトーン 623号室 リビング・ダイニング

アナンタラ・バンコク・サトーン 623号室 リビング・ダイニング

キッチンはダイニングテーブルの右側にあります。大きな冷蔵庫に電子レンジももちろん完備。

シンプルなキッチン

シンプルなキッチン

引き出しには食器に調理器具など、一通り揃っています。

ダイニングテーブルの左側には棚もありました。

キッチンの向かいにある棚

キッチンの向かいにある棚

棚の左には扉の付いた小さな部屋があります。何かに使えないかと、とりあえず荷物を置いてみましたが、結局は使わずじまいでした。というのもこの小部屋、入り口近くにあり、滞在中の多くの時間を過ごしたメインベッドルームから遠いので、ここに荷物を置いておくと使い勝手が悪かったためです。荷物はすぐにメインベッドルームに移してしまいました。

結局使わずじまいだった小部屋

結局使わずじまいだった小部屋

こちらはダイニングテーブルとリビングを仕切るように置かれているデスク。真ん中に置かれているので、なんとなくここに座っても落ち着きません。

落ち着いて仕事はできなそうな白い机

落ち着いて仕事はできなそうな白い机

その奥のリビングはゆったりとしています。

ゆったりとしたリビング

ゆったりとしたリビング

特にこのソファーが気に入りました。座面が広くて座りやすく、カウチに足を伸ばして漫画を読むのが至福のひと時でした。

広々としていて居心地のいいソファー

広々としていて居心地のいいソファー

リビング奥の窓を開けると小さなベランダがあります。そしてベランダには無造作に洗濯・乾燥機が置かれていました。

暑いバンコクの屋外に置かれていてちゃんと動くのか心配になりましたが、問題なく使うことができました。ちなみに洗剤は自分で買ってくる必要があります。

ベランダに置かれている洗濯・乾燥機

ベランダに置かれている洗濯・乾燥機

スポンサーリンク

メインベッドルーム

続いてメインベッドルームに移動します。

メインベッドルーム、ゲストルームに続く通路

メインベッドルーム、ゲストルームに続く通路

ベッドは大きなキングサイズのベッドで、

メインのベッド

メインのベッド

ベッドの上にはタオルで作った象さんが乗っかっていました。

タオルの象

タオルの象

こちらはベッド脇のソファー。

メインベッド脇のソファー

メインベッド脇のソファー

ソファーの横にはテレビと化粧台です。

化粧台にテレビ

化粧台にテレビ

セキュリティボックスはメインベッドルームのクローゼットの中にありました。

メインベッドルームにあるセキュリティボックス

メインベッドルームにあるセキュリティボックス

クローゼットには薄手のバスローブも用意されていました。汗っかきなので、バスローブはこれくらいの薄さがいいですねー。

備え付けのバスローブ

備え付けのバスローブ

メインベッドルームにはバスタブのあるシャワールームが付いてます。シャワーの水圧は十分だったのですが、バスタブの蛇口の水圧が弱く、お湯をためるのに時間がかかるため、湯船につかることはありませんでした。

スポンサーリンク

ゲストルーム

続いてゲストルームの紹介です。

ベッドルームにはツインベッドが置かれていて、

ゲストルームはツインベッド

ゲストルームはツインベッド

簡単なテーブルも付いています。

ゲストルームのデスク

ゲストルームのデスク

ゲスト用のシャワー、トイレも別に用意されています。

夫婦2人での滞在なので、ゲストルームは全く使わなかったのですが、シャワールームはメインルームのものより広いので、こちらを使ったほうがよかったかなと後になって気付きました。

スポンサーリンク

最後に

今回も部屋の中の動画を撮影してみました。部屋全体の雰囲気をぜひ動画でもご覧ください。

出不精夫婦が暮らすように旅するチャンネル

ハワイグルメやタイムシェアのお部屋を動画で紹介しています!
よかったらチャンネル登録していただけると嬉しいです!
ここからポチッと簡単に登録できます!

次回はアナンタラ・バケーション・クラブ・バンコク・サトーン内の施設や設備を紹介したいと思います。

■アナンタラ・バケーション・クラブ・バンコク・サトーン
(ANANTARA VACATION CLUB BANGKOK SATHORN)
場所:タイ、バンコク

その他のタイムシェアのお部屋紹介

これまで実際に泊まってみたタイムシェアのお部屋下の記事にまとめています。

実際に泊まってみたタイムシェアのお部屋 まとめ (ヒルトン、アナンタラ、ビダンタ)
ヒルトンのタイムシェアはハワイだけでなく、米国本土のラスベガスやオーランド、カンクンやロスカボスなどのメキシコやイタリア、ポルトガルなどのヨーロッパ、タイやインドネシアなどの東南アジアにも施設があります。このブログでは実際に滞在したお部...

海外旅行に行くなら持ってないと損!

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のエポスカード

海外旅行に行くなら万が一のためにエポスカードを作っておきましょう!

おすすめの理由は

  1. 海外旅行傷害保険が自動付帯
  2. ネット申し込みで最短即日発行
  3. 入会金・年会費・永年無料
  4. Visaなのでほぼどこでも使える

エポスカードのすごいところは無料なのに海外旅行傷害保険が自動付帯なところです。特にエポスカードで航空券やツアー代金などの旅行代金を支払っていなくても持っているだけで、いざというときに保険が適用されます!

渡航先で怪我をしてしまった場合の治療に適用される傷害治療費用は270万円、病気にかかってしまった場合の治療に適用される疾病治療費用は200万円、盗難にあってしまったりした場合に適用される携行品損害20万円と無料カードなのに手厚いです。

インターネット経由で申し込めば、マルイ、モディの店頭で即時発行・即時受け取りが可能なので、来週ハワイなんていう場合でも間に合います! (自宅に配達の場合でも1週間程度で受け取れます。)

また普及率No.1のVisaブランドのクレジットカードなので、海外でもクレジットカードが使えるお店ならほぼどこのお店でも利用できます。

旅行前にチェック!忘れ物はありませんか?
・格安ホテル航空券
・旅の記録にGoPro
日焼け止め
使い捨てスリッパ
海外Wi-Fiレンタル
モバイルバッテリー
タイのタイムシェア
スポンサーリンク
出不精夫婦

主にヒルトンのタイムシェアを利用して世界中のリゾートを夫婦2人で旅行してます。 タイムシェアを利用した宿泊は年間90泊以上。ハワイには毎年10週間(70日)滞在します。ラスベガスやメキシコにもよく行きます。

お得とお酒と食べることが大好き!なのでハッピーアワーが大好きです!

このブログでは実際に滞在したタイムシェアの施設や旅行先で食べた美味しいグルメやハッピーアワーの情報を紹介しています!

YoTubeもやってます!チャンネル登録お願いします!

出不精夫婦のYouTubeチャンネルはこちら

Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!
ツイート・シェアして他の人にもこの記事をお知らせする
Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!
この記事がよかったら・・・
いいね!やフォローで最新情報をお届けします!
出不精夫婦が暮らすように旅するブログ