チャックス・セラーで分厚いプライムリブを食べる!

王様の威厳を感じる分厚さ

ホノルルハッピーアワー巡りの旅、最後は分厚いプライムリブが有名なチャックス・セラー(Chuck’s Cellar)に行ってきました!

チャックス・セラーの場所と営業時間

チャックス・セラーはワイキキのど真ん中、クヒオ通りとカイウラニ通りの角にあるオハナ・ワイキキ・イースト by アウトリガーの地下1階にあるレストランです。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジからはワイキキトロリーのピンクラインに乗って、モアナサーフライダーで下り、目の前のカイウラニ通りをクヒオ通りに向かって進めば見つかります。

お店の入り口はこちら。

チャックス・セラー お店入口

チャックス・セラー お店入口

チャックス・セラーの営業時間は毎日5:30PM〜10:00PM、ハッピーアワーは毎日5:30PM〜6:30PM。

毎日6:00PMからはライブ演奏が行われています。金曜と土曜はジャズライブ、それ以外はピアノ・ライブです。

6時から始まる生演奏

6時から始まる生演奏

今回は、予約を受け付けていないということで、並ばなくて済むように、お店がオープンする5:30PMにうかがいました。

チャックス・セラーの店内

入り口の扉をくぐるとすぐに下へと続く階段が。

お店は地下1階

お店は地下1階

店内は地下でそれほど天井が高くないからか、若干薄暗いからか、内装がそれっぽいからでしょうか、なんとなく船の中にいるような気分になります。

チャックス・セラー 店内 バーカウンター

チャックス・セラー 店内 バーカウンター

開店直後にうかがったので、お客さんはまだ数組のみ。僕たちもコの時型のソファーの居心地のいい席に案内してもらえました。

チャックス・セラー 店内

チャックス・セラー 店内

チャックス・セラーのメニュー

こちらがチャックス・セラーのメニューです。

チャックス・セラーのメニュー

チャックス・セラーのメニュー

前菜は3品から、メインデッシュはプライムリブ、グリルメニュー、ロブスター料理、シーフード料理またはシェフのスペシャル料理から選びます。またハッピーアワーの時間にのみ食べられるスペシャルメニューもあるようです。

そして、すべてのメインディッシュには、自家製スープとサラダ(サラダバーから)、ライスもしくはハッシュドポテトもしくはベイクド・ポテトが付いてきます。

ベイクド・ポテトにはバター、サワークリーム、青ネギ、ベーコンから好きなものを選んでトッピングできます。全部トッピングすることも可能です。

今回は、プライム・リブのキング・カット(448g) $37.5と、シーフード料理から蒸しクラム $33.5を選びました。

本当はシーフードパスタが食べたかったのですが、今日は品切れとのこと。。シーフードパスタは次回に再度チャレンジしようと心に決めました。

料理も注文できたので、まずはビールで乾杯です!コナブリューイングのロングボード、ハッピーアワー価格で1杯$5でした。

ロングボードで乾杯!

ロングボードで乾杯!

チャックス・セラーのサラダバー

ビールを一口飲んだら、早速サラダバーに向かいます。

実はこのチャックス・セラー、全米で初めてステーキハウス&サラダバーというコンセプトを取り入れたレストランということでも知られているんだそう。

そんなサラダバーの外観がこちら。

サラダバーの様子

サラダバーの様子

一番左側には今日のスープと魚が書かれています。今日のスープはシーフードチャウダー!

そして、看板の一番下に「Bread in warmer below 引き出しの中に温かいパンが入っています」という文字を発見。

本日のスープはシーフードチャウダー!パンは下の引き出しにあります

本日のスープはシーフードチャウダー!パンは下の引き出しにあります

書かれている通り、下の引き出しを開けてみると、パンが入っていました。

引き出しの中で温められているパン

引き出しの中で温められているパン

そのお隣には、本日のスープ、シーフードチャウダーが。

いろいろなシーフードがたっぷり入った具沢山のチャウダーです。これは美味しそう!

本日のスープはシーフードがたっぷり

本日のスープはシーフードがたっぷり

サラダもなかなかの充実ぶり。レタスにトマト、きゅうり、人参、ほうれん草、ブロッコリ、セロリに、なぜかパイナップルもあります。

サラダバーのサラダはなかなかの充実ぶり

サラダバーのサラダはなかなかの充実ぶり

さらに、コーンやコールスロー、ポテトサラダ、豆サラダ、ピーマンとマッシュルームを混ぜたもの、辛そうなシシトウのようなもの、ビーツなんかもあります。

ポテトサラダやコールスローも

ポテトサラダやコールスローも

ドレッシングもフレンチ、ランチ、イタリアン、ブルーチーズ、サウザンアイランドの5種類用意されていました。

ドレッシングは5種類

ドレッシングは5種類

夫婦それぞれ好きなものをこんもりお皿に盛って、帰ってきました。

お皿いっぱいにサラダととって準備完了!

お皿いっぱいにサラダととって準備完了!

チャックス・セラーのメインデッシュ

ちょうどサラダを食べ終わる頃、メインの2皿がやってきました。

キングカットのプライムリブと蒸しクラム

キングカットのプライムリブと蒸しクラム

まずは、蒸しクラム (Steamed Crams)。大きな器に大きなクラム(ハマグリらしいです)がわんさか入っています。そして器の底にはニンニクの効いた、クラムのダシがしっかりと出た美味しいスープがたっぷり。

さらに、この蒸しクラムもメインディッシュなので、サイドメニューが付いてきます。今回はベイクドポテトの全部のせにしたのですが、ライスにして、このスープに浸して食べたら美味しかっただろうなーとちょっと後悔。

蒸しクラムもボリューム満点

蒸しクラムもボリューム満点

そしてこちらがお店人気ナンバー1のプライム・リブ!

プライム・リブは牛肉のあばらの部分を大きな塊のまま焼き上げたものを注文に応じてカットして出すもので、いわばアメリカ版のローストビーフ。チャックスセラーのプライムリブは毎日4時間から5時間かけてじっくりローストしているとのこと。

カットするサイズに応じて、チャックス・カット(336g) $33.50かキング・カット(448g) $37.50を選べます。

今回は4ドルの違いしかないのでキング・カットにしてみたのですが、とにかく巨大です。

450gの巨大な肉のかたまり!

450gの巨大な肉のかたまり!

厚さもこの通り!笑えるくらいに分厚いです。

王様の威厳を感じる分厚さ

王様の威厳を感じる分厚さ

お肉にはグレイビーソースがかかっているのですが、肉汁に近く、あまり塩っ気はありません。

そこで、ホースラディッシュ(西洋ワサビ)の入った器に醤油を好みの量そそぎ、つけダレを作ります。

ホースラディッシュ(西洋ワサビ)に醤油を注いでタレの完成

ホースラディッシュ(西洋ワサビ)に醤油を注いでタレの完成

あとは、お好みの大きさにプライム・リブをカットして、醤油&西洋ワサビのタレにつけていただきます。

綺麗なピンク色

綺麗なピンク色

肝心の味の方はというと柔らかくてジューシー。醤油&西洋ワサビがよく合います。じっくりローストしているからか、さっぱりしていて、脂の部分もくどくなく、むしろ脂の部分をもっと多めにと言いたくなるくらい美味しい!

ただ、お皿たっぷりに盛ったサラダと、美味しすぎてお代わりしてしまったシーフードチャウダーのおかげで、お腹の方はだいぶいっぱい。

持ち帰りづらい蒸しクラムの方をなんとか平らげ、プライム・リブ約半分と、ベークドポテト2つはお持ち帰りとなりました。

最後に

お店の雰囲気も良く、サラダバー付きで$33.50からのリーズナブルなお値段でボリューム満点のプライム・リブが食べられるチャックス・セラー、初めての訪問だったのですがとっても気に入りました。

今回品切れで食べられなかったシーフードバスタを食べにまた来たいと思います!

■チャックス・セラー (Chuck’s Cellar)
住所: OHANA Waikiki East by Outrigger, 150 Kaiulani Ave, Honolulu, HI 96815
URL: http://www.chuckshawaii.com/cellar_j.html

私達、出不精夫婦がハワイの美味しいレストランを探す際に参考にしている本はこちら!

実際に行ってみたハワイのハッピーアワー まとめ

ハワイにはちょっと時間をずらすだけでお得に楽しめるハッピーアワーがたくさん!そんな中で実際に行ってみたハワイのハッピーアワーをまとめました!

お得が好きならハッピーアワー! ハッピーアワーをご存知でしょうか?ハッピーアワーとはピークタイムからちょっと外れた少し早い時間や遅い時間帯...
この記事をお届けした「出不精夫婦が暮らすように旅するブログ」の最新情報を、いいねしてチェックしよう!
この記事にコメントする
スポンサーリンク
関連記事
関連記事