ハワイに安く行く方法を紹介中!詳しくはこちらをクリック!
スポンサーリンク

ハワイでの移動手段「トロリー」の種類と無料で乗る方法

ワイキキトロリー ピンクライン海外旅行の知恵袋
ワイキキトロリー ピンクライン

皆さんはハワイに旅行した時の移動手段をどうしていますか?

レンタカーを借りて、行きたいところに自由に行くなんて方も多いのではないかと思いますが、僕たち夫婦は出不精なので自力で遠出をするのがそんなに好きではないのと、レンタカーすると駐車場代(ヒルトン・ハワイアン・ビレッジは1日50ドル以上!)も含めてかなりの額になってしまい、割りに合わないということでレンタカーをしたことがありません。

基本は徒歩圏内で行けるところに行ってみるというスタンスでしたが、最近はハワイに慣れてきたのか、JCBカードの提示で無料乗車できるワイキキトロリーのピンクラインを活用して行動範囲を広げています。

ピンクラインを利用するようになって、ハワイのホノルルにはワイキキトロリー以外にもいくつかのトロリーバスが運行していることに気づきました。ピンクライン以外のこれらのトロリーを活用できれば、より行動範囲も広げられる!ということで、どんなトロリーが運行しているのか、ピンクラインのように無料で利用することができないかを調べてみました。

5種類あるトロリー

調べてみると、ハワイ、ホノルルでは大きく分けて5種類のトロリーが運行していることがわかりました。

その5種類がこちら。

  1. ワイキキトロリー(E NOA CORPORATION)
  2. LeaLeaトロリー (HIS)
  3. HiBus、電気バス、オリオリトロリー (JTB)
  4. レインボートロリー (JAL)
  5. ANAエクスプレスパス (ANA)

かっこ内は運行会社で、旅行代理店や航空会社、地元のツアー会社が運行しています。

各トロリーについて詳しくみて行きましょう。

ワイキキトロリー (E NOA CORPORATION)

ワイキキトロリーは、ピンク、グリーン、レッド、パープルの4ラインが運行していて、お金を払って乗車することができます。例えばピンクトロリーは2ドル払えば誰でも乗ることができ、グリーン、レッド、パープルは1日乗車券を購入できます。

ワイキキトロリーを無料で利用する方法

ワイキキ~アラモアナ間を巡回するピンクラインだけはJCBカードを持っていれば、乗車時に提示するだけで無料で乗車することができます。

1枚のJCBカードで大人2人、子供2人(11歳以下)まで無料で乗車することができます。

もしJCBカードをこれから作るなら、JCBオリジナルシリーズもしくはソラチカカード がオススメです。

特に40歳未満の方であれば、JCBオリジナルシリーズの中でも年会無料で高還元なJCB CARD WJCB CARD W Plus Lがオススメ!

JCB オリジナルシリーズ

JCBオリジナルシリーズはJCBのプロパーカードです。

プロパーカードは、将来的に条件を満たせばワンランク上の招待制カード「JCBゴールド・ザ・プレミア」や「JCBザ・クラス」への招待を受けられるクレジットカードです。

「JCBザ・クラス」はJCB最高峰のクレジットカードで、ディズニーランドのスポンサーラウンジ利用券がもらえたり、秘密のレストランを利用できる抽選に参加できたりと、ディズニーファンには特に魅力的な特典が付いてきます。

JCBオリジナルシリーズは多種多様なカードが揃っていて、利用シーンや人生のステージに合わせた形で自分に適した一枚を見つけることが可能です。

JCBの一般カードは初年度年会費無料。翌年以降も年50万円以上の利用で年会費が無料となります。

40歳未満の方であれば、特にオススメなのが、JCB CARD WJCB CARD W Plus L

JCB CARD Wは年会費無料、ポイントは一般JCBカードの2倍たまるというお得な新登場のJCBプロパーカードです。最短3営業日で発行されますのですぐに手元に届きます!

40歳未満ウェブ申し込み限定ウェブ明細のみという条件がありますが、この条件が問題ないのなら、オススメのクレジットカードです。

解約しない限り自動更新されるので、40歳以降も継続利用可能です。つまり40歳未満の時点でこのカードを作っておけば、永年年会費無料でJCBのプロパーカードを持てちゃうことになります!作っておいて損は無しなカードです。

また、女性に嬉しいサービスがご利用できる「JCB CARD W plus L」というカードもあります。

JCB CARD WおよびJCB CARD W plus Lは現在ポイント10倍キャンペーン中です。

2019年12月31日までに新規入会すると、入会後3ヶ月間、ポイントが10倍になります。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

飛行機はANA派で日常生活でもガシガシマイルを貯めたいという方におすすめなのが、陸マイラー御用達のANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード )です。

ANAカードは色々な種類がありますが、一般のANAカードの中で、陸上では最もお得にマイルが貯まるクレジットカードです。

新規入会で最大18,700マイル相当プレゼント!

 

また、海外旅行では紛失や使えなかったときのために複数のブランドのクレジットカードを持っていくのがオススメです。

特にハワイで役に立つ出不精夫婦オススメのクレジットカードをこちらの記事にまとめていますのでよろしければ御覧ください。

LeaLeaトロリー(HIS)

H.I.Sのハワイツアーに参加すると利用できるようですが、ツアーに参加しなくてもトロリーチケット単品で購入することもできるようです。

チケットの購入は下記のサイトから可能ですが、7日間乗り放題のレギュラーパスが$45、ゴールドパスが$72、プラチナパスが$99とそこそこのお値段です。

レギュラーパスはワイキキ~アラモアナ周辺、ダイヤモンドヘッド、カハラモール、ワードセンターズ、ダウンタウンなどワイキキの東西を網羅しています。夕方からは郊外レストランへ出掛けられるディナーラインにも乗れます。

ゴールドパスはレギュラーパスの路線に加えて、ハナウマ湾やシーライフパークを巡るイースト・コースト・ラインとワイケレアウトレットやモアナルアガーデンを巡るワイケレ・モアナルア・ラインに乗れます。

プラチナパスはゴールドパスの路線に加えて、カ・マカナ・アリイやウェット&ワイルドなど西オアフの主要スポットを巡るウエスト・オアフ・ラインに乗れます。

アラモアナ/ドンキ・ライン、イースト・コースト・ライン、ワイケレ・モアナルア・ラインについては1日乗車券が用意されていますが、各$25と結構お高いです。

レアレアトロリーについての詳細はこちら

LeaLeaトロリーに無料で乗る方法

H.I.Sのハワイツアーに申し込めば無料で乗ることができそうですが、それ以外にもダイナース(Diners)のクレジットカードを持っていれば、ロイヤルハワイアンセンターのH.I.S.が運営するLea Lea ラウンジ(ロイヤル・ハワイアン・センターB館3F)で無料乗車パスをもらえます!

Lea Lea ラウンジ(ロイヤル・ハワイアン・センターB館3F)

Lea Lea ラウンジ(ロイヤル・ハワイアン・センターB館3F)

しかも今までは1日乗車券だったのが2018年10月1日からは『1週間券(7日間乗り放題レギュラーパス)』に変更されたので使い勝手が上がっています!

こちらが実際にもらった1週間券(7日間乗り放題レギュラーパス)です。

1週間券(7日間乗り放題レギュラーパス)

1週間券(7日間乗り放題レギュラーパス)

乗車可能路線はアラモアナ/ドンキライン、ダイヤモンドヘッド/カハラモールライン、ダウンタウンライン、ウェスト・ディナーライン、イースト・ディナーラインです。

ダイナースカードを複数持っている場合もトロリー乗車券は1枚のみしかもらえないようですが、本会員だけでなく、家族会員も乗車券をもらえるので、家族の分も無料でもらいたい場合は家族カードを作っておくとよさそうです。

ダイナースカードを持っていない方はH.I.Sのハワイツアーを申し込むのが早そうです。

H.I.S Ciaoパッケージツアーのハワイ旅行を申しこめば、通常期は8,000円相当の「ゴールドパス」、夏・冬なら10,000円相当の「プラチナパス」のトロリー乗り放題のパスがついてくるようです。

下記のボタンからH.I.Sのハワイ特集のページに行けます。こちらからツアーの申込みもできますよ!

 

 

また、無料ではありませんが、日本で680円で購入できるLeaLeaマガジンには、LeaLeaトロリーの1日お試し無料券(クーポン)がついてきます。これをLeaLeaラウンジにもっていくと1日券がもらえます。

1日券で利用できる路線はレギュラーパスと同じなので、ダイヤモンドヘッド、カハラモール、ワードセンターズ、ダウンタウンへの足として利用できますね!

LeLeaマガジンを買うときはクーポンの有効期限に注意!また、Kindle版などの電子書籍にはクーポンが付いていないので紙の本を買いましょう!

以下から最新のLeaLeaマガジンを買うことができますよ!

LeaLea 2019 WINTER (メディアハウスムック)
CCCメディアハウス
¥700(2019/10/02 05:01時点)
この本についているLeaLeaトロリー 1日お試し乗車クーポンの有効期間は2019年10月3日〜2020年1月31日

LeaLeaトロリーはアラモアナセンターやワイキキ周辺だけでなく、ダウンタウンやカハラモール、夜は人気のレストランをまわるディナーラインも運行しているので、トロリー乗り放題のパスを取得することでかなり行動範囲を広げられそうです。

特にイーストとウェストの2ラインあるディナーラインは食いしん坊な私たち夫婦にはとっても魅力的。次回は是非活用してみたいと思いました。

HiBus、電気バス、オリオリトロリー(JTB)

JTBのツアー参加者のみトロリーチケットを購入可能なようで、調べた限り、ツアーに参加せず、トロリーだけを利用することはできないようです。

HiBus、電気バス、オリオリトロリー (JTB)を無料で利用する方法

JTBハワイトラベル.comにてHiBus(ハイバス)新登場を記念して、HiBus(ハイバス)7日間チケット半額キャンペーン実施中です。

無料ではありませんが、JTBハワイトラベル.comにて、2019年6月1日(土)~2019年7月20日(土)の期間にチェックアウトで、オアフ島のホテルを2連泊以上の予約をすると、通常50ドルのチケットがなんと25ドルになります!

キャンペーンの詳細は下記のリンクをご覧ください。

【6月・7月宿泊限定】 HiBus(ハイバス)チケット半額キャンペーン実地中!

キャンペーン以外でHiBus、電気バス、オリオリトロリーを無料で利用する方法はなさそうですが、JTBハワイトラベル.comで2泊以上ホテルを予約すると、JTBのHiBus(ハイバス)7日間乗り放題チケット(12歳以上 50ドル、2歳〜11歳 45ドル)が購入できるようです。

HiBus、電気バス、オリオリトロリーのチケット購入方法についての詳細はこちら

下記のボタンからJTBハワイトラベル.comでホテルを探すことができます。

 

レインボートロリー(JAL)

レインボートロリーはJALパックのツアー参加者か、個人手配でJALの飛行機を手配した人のみ利用できるようです。それ以外の方は利用できません。

レインボートロリーを無料で利用する方法

上記のどちらか以外の方法で無料利用できる方法は見つかりませんでした。

JALの飛行機を個人手配する場合、トロリーを利用するには事前登録が必要なようです。

また、JALパックのツアーには無料トロリー付きのツアーもあるようです。

残念ながら、私たち夫婦はANA、スターアライアンス派なので、レインボートロリーは利用できなさそうですがJAL派の方にはいい選択肢かもしれませんね!

 

ANAエキスプレスバス (ANA)

2019年4月20日より、ワイキキの「Tギャラリア」から「アラモアナセンター」まで直行約12分のルートを15〜20分間隔で運行するの無料電気バス「ANAエクスプレスバス」が運転を開始しました。

ANAエキスプレスバス(ANA)に無料で乗る方法

ANAエキスプレスバスを無料で利用するには以下の条件を満たしている必要があります。

  1. 東京発ホノルル行の航空券が発券済み(他社のコードシェア便を含む)
  2. 搭乗者のANAマイレージクラブお客様番号が予約記録に登録済み

ANAマイレージクラブに登録してANAの飛行機乗ればいいのでANA派の方はほぼ誰でも利用可能ということになるかと思います。

利用できる期間は到着日を含む10日間で、会員本人以外に18歳未満の子供3名まで同乗できます。

乗車券はANAマイレージクラブアプリから取得できます。

取得手順は以下のとおりです。

  1. AMCアプリにログインし、左上のQRアイコンをタップ
  2. デジタルカード画面の右下「Coupon」ボタンをタップ
  3. 表示された乗車チケットをドライバーに見せて乗車

ANAマイレージクラブアプリをダウンロードしなくてもWebから乗車券を取得できますが、アプリのほうが何かと便利ですのでANAエキスプレスバスを利用する場合はこの機会にアプリをダウンロードすることをおすすめします!

最後に

今回、ハワイを走るトロリーの種類と無料で乗車する方法を調べてみましたが、JCBとダイナースのカードを持っている我が家では、ワイキキトロリーのピンクラインだけでなく、LeaLeaトロリーを無料で利用できることがわかりました。

また、ANAエキスプレスバスが新たに運行を開始してワイキキからアラモアナショッピングセンターまですばやく移動できる手段もあることがわかりました。

次回ハワイに行くときはLeaLeaトロリーのディナーラインを使って遠くて行けなかったレストランに行ってみたり、ダウンタウンにも足を伸ばしてみようと思います。