グランド・マヤ・ロスカボス – ラグジュアリーなプール&ビーチ編 –

Nice Pool at Grand Mayan Los Cabos メキシコのタイムシェア
スポンサーリンク

前回のお部屋紹介に続いて、今回はグランド・マヤ・ロスカボスのプール&ビーチを紹介します!

グランド・マヤ・ロスカボスの全体図

まずはグランド・マヤ・ロスカボスの全体図をご紹介します。

グランド・マヤ・ロスカボスの全体図

グランド・マヤ・ロスカボスの全体図

大きな3つのプールをコの字型をしたリゾートホテルが囲う形をしています。右下にもビーチクラブという4つ目のプールがあるのですが、こちらはまだ工事中で利用できませんでした。

また、ホテルの北側には「Vidanta Golf Los Cabos」というゴルフコースも用意されています。

プールへと続く豪華なエントランス

ホテルからプールへと続く道には巨大な柱が並んでいて、マヤの古代神殿にでも来てしまったのではないかと錯覚をしてしまいそうになります。

プールへと続くエントランス

プールへと続くエントランス

ホテルからプール側に出るとこの光景が目に飛び込んで来ます。

リゾートホテルからプールに続く道

リゾートホテルからプールに続く道

夜にはライトアップされて、柱の上には火が灯されます。

夜は綺麗にライトアップされます

夜は綺麗にライトアップされます

プールエリアは砂漠地帯とは思えないほど緑豊かです。これだけの緑を手入れするのは大変だろうなーと余計な心配をしてしまいます。

砂漠地帯ですがプールの周りには緑が生い茂っています

砂漠地帯ですがプールの周りには緑が生い茂っています

気候も心地よいので、プールの周りを散歩するだけでも気持ちよく楽しめます。

プールサイドの小道

プールサイドの小道

噴水が印象的な1つ目のプール

ここからは3つのプールを一つずつ紹介しようと思います。

まずは一つ目のプール。

ホテルに一番近い一つ目のプールは、真ん中で噴水が常に水を吹き出しています。

噴水が印象的な一つ目のプール

噴水が印象的な一つ目のプール

噴水の水しぶきの音はホテルの部屋からもよく聞こえます。この水しぶきの音が心地よくて、部屋のテラスでの朝食がより美味しく感じました。

噴水は常に水を出してます

噴水は常に水を出してます

プールのすぐ横には3つのジャグジーも用意されています。

噴水の横には大きなジャグジーが3つ

噴水の横には大きなジャグジーが3つ

バーを備えた2つ目のプール

真ん中にヤシの木が植えられた小さな小島がある2つ目のプールには、プールに浸かりながらお酒や軽食が楽しめるバーがついています。

バーのついた2つ目のプール

バーのついた2つ目のプール

11月と言えども日中は30度を超えてくるので、プールに浸かりながら飲むフローズンカクテルがなんとも言えず美味しいです。

プールバー外観

プールバー外観

そのほかにも2つ目のプールにはビーチバレーができるネットや、ジャグジーもついています。

2つ目のプールにもジャグジーがついてます

2つ目のプールにもジャグジーがついてます

海に面した3つ目のプール

海に面した3つ目のプールはなんともおしゃれでラグジュアリー感があります。

海に面した3つ目のプール

海に面した3つ目のプール

こちらのプールもよく見るラグジュアリーなプールと同じく、インフィニティープールになっています。

インフィニティープールになっています

インフィニティープールになっています

変わっているのがこの真ん中にある小島。

ビーチパラソルとビーチチェアが置かれていて、早い者勝ちで誰でも無料で利用することができます。

わずか8席しかないこの小島を勝ち取れれば、目の前の海を独り占めして、プライベートな別荘でのんびりしているような体験をすることができちゃいます。

3つ目のプールの真ん中には早い者勝ちの特別席が

3つ目のプールの真ん中には早い者勝ちの特別席が

プールの周りには寝湯ならぬ寝プールができるチェアが並んでいます。

寝湯ならぬ寝プールが楽しめます。

寝湯ならぬ寝プールが楽しめます。

海に面した寝プール用のチェアに寝転ぶと最高に気持ちいいですよ!

太平洋に面した寝プールチェア

太平洋に面した寝プールチェア

プールの周りの設備

プールの周りには色々な設備が備わっています。

タオルスタンドは2つ目のプールの近くに用意されています。

チェックイン時にもらえるタオル交換チケットをこのタオルスタンドに持っていくとタオルと交換してもらえます。使い終わったタオルはこちらに返すと、交換チケットを返してもらえます。

タオルスタンドは2つ目のプールの近くにあります

タオルスタンドは2つ目のプールの近くにあります

タオルスタンドの横にはアクティビティボードが置かれています。グランド・マヤ・ロスカボスでは毎日色々なアクティビティが実施されていますが、何がいつ行われるのかをこのボードで確認することができます。

アクティビティリスト

アクティビティリスト

卓球台もありました。

卓球台もありました

卓球台もありました

バリエーションに富んだビーチチェア

プールの周りにはバラエティに富んだビーチチェアがあちこちに置かれています。その中からお気に入りの場所を見つけるのも楽しそうです。

例えばこんなチェアや、

ビーチチェアその1

ビーチチェアその1

こんなチェアも。

ビーチチェアその2

ビーチチェアその2

このビーチチェアは分解することもできます。

ビーチチェアその3

ビーチチェアその3

真ん中に暖炉が置かれた円形のソファー席もあります。夜は暖炉に火が灯ります。暖炉の火を眺めながらお酒を飲むのもムードがあって素敵ですねー。

夜になると真ん中の暖炉に火が灯るソファー席

夜になると真ん中の暖炉に火が灯るソファー席

暖炉ソファーの周りにはこんな小さなカバナもありますよー。

カバナもあります

カバナもあります

メキシコ料理が食べられるプールサイドのレストラン blue fish

プールサイドにレストランもありますので、お腹が空いたらすぐにご飯を食べることもできます。

プールサイドにあるレストラン blue fish

プールサイドにあるレストラン blue fish

オープンキッチンになっていて、できたての新鮮なセビーチェやシーフードのタコスなどの定番メキシコ料理やトロピカルカクテルなんかもいただけます。

blue fishはオープンキッチン

blue fishはオープンキッチン

テーブル席はプールのすぐ近く!

プールサイドでメキシコ料理を楽しめます。

プールサイドでメキシコ料理を楽しめます。

ホースライディングも行われるプライベートビーチ

最後にグランド・マヤ・ロスカボスのプライベートビーチを紹介します!

こちらが、ビーチからグランド・マヤ・ロスカボスを見た景色です。グランド・マヤ・ロスカボスのプライベートビーチは砂浜の幅がかなり広く、砂浜でビーチバレーなどのアクティビティが存分に楽しめます。

ビーチから見たグランド・マヤ・ロスカボス

ビーチから見たグランド・マヤ・ロスカボス

かなり広いので、ビーチバレーだけでなく、乗馬もやっています。砂浜を馬に乗って歩く姿は初めて見る光景で、なんとも味わい深いものがあるなーと思いました。

砂浜で乗馬を楽しむ人々

砂浜で乗馬を楽しむ人々

もちろん砂浜でのんびりすることもできます。

浜辺には茅葺き屋根のパラソルが並んでいて、パラソルの下で本を読んだり、居眠りしたりして、過ごすことができます。

茅葺き屋根のパラソルが並ぶ砂浜

茅葺き屋根のパラソルが並ぶ砂浜

最後に

今回はグランド・マヤ・ロスカボスのプール&ビーチを紹介しました。

3つあるプールはどれも洗練されていて、家族向けというよりは大人向けのプールという印象を受けました。

次回は、レストランやフィットネスジム、ショップなど、グランド・マヤ・ロスカボス内の施設を紹介します!

グランド・マヤ・ロスカボスに関するその他の記事

3度目のメキシコ!グランド・マヤ・ロスカボス - 空港からのアクセス方法とチェックインまで -
僕たちが初めてメキシコに旅行したのが昨年7月。場所はメキシコの東側、ユカタン半島の先っぽにあるリビエラ・マヤでした。リビエラ・マヤで滞在した「グランド・マヤ・リビエラ・マヤ」は、巨大なプールがいくつもあったり、レストランも10以上あった...
グランドマヤン ロスカボスのお部屋紹介 1ベッドルーム・スイート 1442号室
今日はメキシコ、ロスカボスにあるグランド・マヤ・ロスカボスの1ベッドルーム・スイートのお部屋を紹介します!
グランド・マヤ・ロスカボス - ショップ & フィットネスセンター編 -
今回はグランド・マヤ・ロスカボスの中にあるショップとフィットネスセンターを紹介します!
グランド・マヤ・ロスカボス - レストラン編 -
今回はグランド・マヤ・ロスカボス内のレストランSambaでの朝食ブッフェとディナー、ほぼ毎日食べたMercado Gourmetのクレープを紹介します!

タイムシェアのある生活をスタートする!

出不精夫婦が初めてヒルトンのタイムシェアを知ったのは2013年のハワイ旅行で、ヒルトンハワイアンビレッジに宿泊したときのことでした。

ヒルトン・グランド・バケーションズの90分の説明会を聞けば、100ドル相当の「ヒルトン スターライト ルアウ」のチケットを2名分くれると聞いて、説明会に参加してみることにしたのです。

最初は全くオーナーになる気はなかったのですが、営業さんの熱心な説明に初ハワイの浮かれた気分も手伝って、気がつけば契約書にサインを交わしていました。

出不精だった私達ですが、それからというもの、毎年このヒルトンのタイムシェアを利用してハワイやラスベガス、メキシコといった海外に旅行にでかけるようになり、旅が中心の生活をするようになりました。

こんな私達のようにタイムシェアのある生活をヒルトンハワイアンビレッジからスタートしてみてはいかがでしょうか?

以下のリンクからヒルトンハワイアンビレッジの予約ができますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事にコメントする
メキシコのタイムシェア
スポンサーリンク
ツイート・シェアして他の人にもこの記事をお知らせする
Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!
あわせてこちらもどうぞ!(一部広告あり)
出不精夫婦が暮らすように旅するブログ