ホットサンドが激ウマ!サンドイッチ伯爵の子孫が始めたサンドイッチのお店、アール・オブ・サンドイッチ (Earl of Sandwich)

Earl of Sandwich - The Original 1762 $6.99 ラスベガスのグルメ
スポンサーリンク

今回はラスベガスで初めて食べてその美味しさに感動したホットサンドイッチが食べられるサンドイッチのお店、「アール・オブ・サンドイッチ (Earl of Sandwich)」を紹介します!

サンドイッチ伯爵の子孫が始めたサンドイッチのお店

サンドイッチはトランプが大好きだったサンドイッチ伯爵が、トランプ中にパンと料理を別々に食べるのが面倒くさくて、片手で簡単に食べられないかとパンに料理をはさんで食べたのがはじまりと言われているそうです。(諸説あります。)

今回紹介するアール・オブ・サンドイッチはアメリカ、フロリダ州のオーランドに本拠をおくフランチャイズレストランで、そのサンドイッチを発明したとされるサンドイッチ伯爵の11代目の子孫とその息子、プラネット・ハリウッドの創業者の3人によって設立された由緒正しい?サンドイッチのお店です。

このお店のオススメは何と言ってもホットサンド!看板に書かれた「The World’s Greatest Hot Sandwich」に偽りなし!パンがカリカリ、具がたっぷりでめちゃめちゃ美味しいんです。

ラスベガスにはシーザーズパレス、ダウンタウン、パームリゾート、プラネット・ハリウッドの4店舗があるのですが、今回はプラネット・ハリウッド店を紹介します。

アール・オブ・サンドイッチ プラネット・ハリウッド店

プラネット・ハリウッド店はその名の通り、プラネット・ハリウッド カジノ&リゾートの中にあります。ラスベガス大通りから行く場合は、LAで人気のホットドック屋さん「PINKS HOTDOG」の右側の扉を入るとすぐに見つかります。ミラクルマイルショップスとつながっているので、HGVCのエララに滞在していると、外に出ることなく徒歩数分でたどり着けます。

お店の外観はこんな感じ。

 

アールオブサンドイッチ お店外観

アールオブサンドイッチ お店外観

オーダーカウンターはこんな感じです。

アールオブサンドイッチのオーダーカウンター

アールオブサンドイッチのオーダーカウンター

カウンターの上にあるメニューはこちら。ホットサンドイッチ以外にもラップやサラダ、朝食メニューなんかも用意されています。

サンドイッチの注文方法

プラネット・ハリウッド店は商品を注文する場所、料金を支払う場所、商品を受け取る場所が異なるので注文の際は注意が必要です。

注文はなが~いカウンターの一番左側で行います。「Order Here」と書いてある看板が目印です。英語でのやり取りになりますが、恐れずに商品名を伝えましょう。ホットサンドイッチを注文すると「わいおあうぃー?」とよくわからない質問を投げかけられるかもしれません。そんなときは慌てず「ホワイト(White)」もしくは「ウィート(Wheat)もしくはブラウン(Brown」と伝えましょう。これはパンの種類を聞いている質問で「White or Wheat」と聞いているのです。白いパンが好きであればホワイト、茶色いパンが好きであればウィートと伝えましょう。個人的には麦の感じが強くないホワイトのほうが好みです。

まずはこのカウンターでオーダーします

まずはこのカウンターでオーダーします

オーダーが無事完了するとレシートとアラームを渡されます。

注文すると渡されるレシートとアラーム

注文すると渡されるレシートとアラーム

この2つをもらったら、カウンターの右側の「Pay Here」というところまで進みます。途中にある水やソフトドリンク、ヨーグルトもほしければ、ピックアップしてレジに持っていきます。

レジにレシートを渡すと会計をしてくれます。

支払いカウンターでレシートを渡して料金を支払います

支払いカウンターでレシートを渡して料金を支払います

ドリンクにソーダを頼むと空の紙コップを渡されますので、オーダーカウンターの右側にあるドリンクコーナーで好きなドリンクをコップに注ぎます。

支払いを終えてしばらく待っていると、アラームが振動しますので「Pick-Up Here」と書かれたカウンターに行って商品をもらいましょう。

ドリンクは自分で好きなものを注ぎます

ドリンクは自分で好きなものを注ぎます

プラネット・ハリウッド店にはイートインできるテーブル席も用意されていますので、その場ですぐに食べることも出来ますし、ホテルの部屋まで持って帰って食べることも出来ます。

イートインできるテーブルも用意されています

イートインできるテーブルも用意されています

実際にたべてみた。

ホットサンドイッチを頼むとこのような金色の包み紙に包まれてやってきます。

ホットサンドイッチの包み紙

ホットサンドイッチの包み紙

包み紙をあけてみると、長方形の形をしたホットサンドイッチがでてきます。かなり大きめのサンドイッチで、あらかじめ半分にカットされています。

サンドイッチは半分にカットされています

サンドイッチは半分にカットされています

今回はThe Earl’s ClubとThe Original 1762の2つのホットサンドイッチを頼んでみました。

まずはアールズクラブ。値段は$6.99です。

 

THE EARLS CLUB $6.99

THE EARLS CLUB $6.99

ターキーにレタス、トマト、チーズが入ったオーソドックスな具材なのですがホカホカサクサクのパンに挟まると美味しさが何倍にもなります。

THE EARLS CLUB $6.99

THE EARLS CLUB $6.99

続いてこちらが、The Original 1762。こちらも同じく$6.99です。

かのサンドイッチ伯爵がトランプをしているときに発明したとされるサンドイッチを再現したものなんだそう。

 

THE ORIGINAL 1762 $6.99

THE ORIGINAL 1762 $6.99

ローストビーフがこれでもかというくらいたっぷり挟まっています。そしてこのたっぷりのローストビーフがホースラディッシュの香りがするソースと相まって絶品!

THE ORIGINAL 1762 $6.99

THE ORIGINAL 1762 $6.99

1人1つのサンドイッチを食べてみましたが、かなりのボリュームなので、これ一つでお腹いっぱいになりました。

別の日にイタリアンにチャレンジ

また別の日の朝食にITARIAN $6.99にもチャレンジしてみました。

サラミ、カピコラ、ハム、モルダデラ、モッツァレッラ、ローマトマト、イタリア調味料&イタリアンドレッシングが入っています。サラミとハムがたっぷりはいっていますが、さっぱり系のドレッシングでこちらも美味!ホットサンドイッチは何を食べてもはずれがなさそうです。

ITALIAN $6.99

ITALIAN $6.99

値段の高いシーザーズパレス店

実は今回紹介したプラネットハリウッド店に行く前にシーザーズパレス店にも行ってみたのですが、同じホットサンドでもシーザーズパレス店は3ドルも高いことに気が付きました。

こちらがシーザーズパレス店のメニューなのですが、ホットサンドイッチが$9.99もします。プラネットハリウッド店が$6.99なのに対し$3も高いんです。

シーザーズパレス店のメニュー

シーザーズパレス店のメニュー

サンドイッチのクオリティーにも違いは見られませんので、ホットサンドイッチを食べるなら、プラネット・ハリウッド店をオススメします!

最後に

今回はホットサンドが激ウマ!のサンドイッチ伯爵の子孫が始めたサンドイッチのお店、アール・オブ・サンドイッチ (Earl of Sandwich)を紹介しました。

ホカホカサクサクのパンにたっぷりと具材のつまったホットサンドイッチは本当にオススメです!

お店情報

■アール・オブ・サンドイッチ プラネットハリウッド店 (Earl of Sandwich Planet Hollywood Resort and Casino)
場所: Planet Hollywood Resort & Casino, 3667 S Las Vegas Blvd #760, Las Vegas, NV 89109, USA
URL: http://www.earlofsandwichusa.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事にコメントする
ラスベガスのグルメ
スポンサーリンク
ツイート・シェアして他の人にもこの記事をお知らせする
Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!
関連記事
出不精夫婦が暮らすように旅するブログ