ハワイに安く行く方法を紹介中!詳しくはこちらをクリック!

ストリップステーキ ワイキキでステーキとハッピーアワーの両方を楽しむ!

ストリップステーキ ワイキキのリブアイ ハワイ - オアフ島のグルメ
ストリップステーキ ワイキキのリブアイ

昨年、オープンしたてのストリップステーキ ワイキキのハッピーアワーで、美味しいハンバーガーやスシを堪能したのですが、ステーキを食べられなかった!ということで、今回はステーキを食べにストリップステーキ ワイキキに行ってきました!

スポンサーリンク

未だに穴場で狙い目なハッピーアワータイム

今回の目的はステーキを食べることなのですが、せっかくだからハッピーアワーも味わいたい!ということで、ディナーが始まるちょっと前にお店に行くことに。昨年訪れたときのストリップステーキ ワイキキのハッピーアワーは2:30pm〜5:30pmのランチとディナーの間に実施されていたので、ディナーの始まる1時間前の4:30pm頃にお店に行ってみました。

ストリップステーキ ワイキキ お店外観

ストリップステーキ ワイキキ お店外観

入り口の案内係にハッピーアワーも楽しみたいけど、ステーキも食べたいと伝えると、カウンター席ではなく、外のテラス席に案内してくれました。

案内されたテラス席

案内されたテラス席

これがテラス席からの眺め。ご覧の通り他に誰もお客さんがいません。前回訪れた時もハッピーアワーにはお客さんがほとんどいませんでしたが、今回もです。まだまだ知られていないのか、ストリップステーキ ワイキキのハッピーアワー、狙い目です。

通されたテラス席からの眺め

通されたテラス席からの眺め

お客さんがいないのでお店の中を撮影してみました。

テラス席には大人数にも対応できそうなテーブル席があります。

団体でも利用できそうなテーブル席

団体でも利用できそうなテーブル席

室内に入ると、これまたおしゃれ。

おしゃれな室内のテーブル席

おしゃれな室内のテーブル席

ハッピーアワーなのに誰も座っていないカウンターに奥には前回もあった寿司カウンターが。ただ、寿司カウンターがガラス張りになっています。前回はこんなガラスがなかったのですが、酔っ払ったお客さんが乱入したりしたんでしょうか?

バーカウンターに寿司カウンター

バーカウンターに寿司カウンター

9ヶ月で結構変わったハッピーアワーメニュー

一通り撮影を終えて席につき、ハッピーアワーメニューをみます。

前回訪れたとき、オープンしたてでハッピーアワーのメニューについても試行錯誤していると聞いていたので、何か変化があるかなーと思ってメニューをみてみると、結構色々変わっています。

まずは日本語のハッピーアワーメニューができました。

そしてハッピーアワーの時間。前回は2:30pm〜5:30pmでしたが、4:00pm〜6:00pmに変わっています。また、ディナーの時間が5:00pmからと30分早くなっていて、5:00pm〜6:00pmはハッピーアワーとディナーが重なる時間帯になっています。

スシは巻物が8ドル、にぎりが1貫4ドル、2貫で6ドルなのは変わっていませんが、巻物から前回食べたカリフォルニアスタイルのロールがなくなっています。にぎりの品揃えは変わりません。

おつまみ(ププ)は大幅にメニューが増えました!前回は

  • ダック ファット フライドポテト (duck fat fries) (6ドルから8ドルに値上げ。。)
  • ロコモコ スライダー (loco moco sliders) 9ドル
  • クリスピー ショートリブ タコス (crispy short rib tacos) 9ドル
  • ストリップステーキ バーガー (stripsteak burger) 21ドル

の4種類だったのですが、さらに以下の4種類が増えて倍の品揃えになってます!

  • スイカのカルパッチョ (shishito peppers) 7ドル
  • 焼き枝豆 (charred edamame) 5ドル
  • “東京” トッツ (“tokyo” tots) 8ドル
  • ばらちらし (bara chirashi) 21ドル

ドリンクはビールが相変わらず1種類。値段はビールが4ドル、ワインが7ドルなのは変わっていません。カクテルは3種類から4種類に増えています。

ストリップステーキ ワイキキのハッピーアワーメニュー

ストリップステーキ ワイキキのハッピーアワーメニュー

実際にたべてみた。 その1

ディナーまでの30分、ハッピーアワーメニューを楽しもうということで、まずは1種類しかないビール「ミラー ‘ハイ ライフ’」で乾杯です!

ミラー ハイライフ (Miller HIGH LIFE)で乾杯!

ミラー ハイライフ (Miller HIGH LIFE)で乾杯!

おつまみは新商品の中から”東京”トッツ (“Tokyo” tots) 8ドルにしてみました。

やって来たのがこちら。マヨネーズのようなソースと鰹節、刻み海苔がかかっていて見た目はたこ焼きのような料理です。

東京トッツ (Tokyo tots) 8ドル

東京トッツ (Tokyo tots) 8ドル

中に入っているのはたこ焼きではなく、円筒形のハッシュドポテトのような食べ物、トッツです。

ハッシュポテトはもともと好きなのですが、この料理はそのハッシュポテトにゆずの香るソースがかけられていて、鰹節やマヨネーズ風のソースと相まってかなり美味しいです!ビールのおつまみにピッタリでパクパクと食べてしまいました。

たこ焼きではなくハッシュポテトです

たこ焼きではなくハッシュポテトです

ストリップステーキ ワイキキのディナーメニュー

東京トッツとビールを楽しんでいるとあっという間に5:00pmになり、ウェイターさんがディナーメニューを持ってきてくれました。

まずは寿司メニュー。にぎりは2貫で10ドルから12ドル、刺し身が3切れで15ドルから17ドル、おまかせにぎりが5点10貫で57ドル、刺し身おまかせが4点12切れで60ドルです。

正直、蒲田の回しずし活常連の僕達にとってはこの値段で寿司を食べる気にはちょっとなれません。

寿司メニュー

寿司メニュー

続いてアラカルトメニューです。上半分はシーフード。ハッピーアワーメニューにもある巻きずし、スパイシーツナとねぎはまもあります。それぞれ14ドルと13ドルなので、8ドルで食べられるハッピーアワーはなかなかお得ですね。下の方は前菜とサラダです。

アラカルトメニュー (シーフード、前菜、サラダ)

アラカルトメニュー (シーフード、前菜、サラダ)

こちらはメインディッシュのアラカルトメニューです。お目当てのステーキはオーブン料理の中にあります。

アラカルトメニュー (メインディッシュ)

アラカルトメニュー (メインディッシュ)

コースメニューもありました。こちらはシェフ自慢のメニュー お一人様135ドル也。

シェフ自慢のメニュー 1人135ドル

シェフ自慢のメニュー 1人135ドル

もう少し値段抑えめのコース料理もあります。クイーンが一人85ドル、キングが125ドルです。

クイーンとキングの2種類あるコースメニュー

クイーンとキングの2種類あるコースメニュー

実際にたべてみた。その2

ステーキの前にハワイっぽいものをということで、アヒではなく、サーモンとハマチのポケ 19ドルを注文してみました。

器の中にはサーモンとハマチだけでなく、いくら、枝豆、バジル、ミントさらにはなんとスイカが入っています。

サーモンとハマチのポケ 19ドル

サーモンとハマチのポケ 19ドル

このポケをタロイモチップに乗せて食べます。刺し身にスイカが合うのかなーと思ったのですが、実際に刺し身と一緒に食べてみると、スイカがいい感じに潤いを与えてくれて、スイカなしのときより美味しく感じました。

タロイモのチップにポケをのせていただきます。

タロイモのチップにポケをのせていただきます。

ポケを堪能していると頼んでもいないフライドポテトがやって来ました。シェフからのプレゼントだというようなことを言っていましたが、要はディナーのお通しのようです。

3つの器にはいったフライドポテトはそれぞれ味が違っていて、左からノーマル、ハーブ、海苔となっています。ソースもトリュフアイオリ、ケチャップ、とんかつソースの3種類。色々な味を組み合わせることが出来て楽しいフライドポテトになっています。

お通しのフライドポテト

お通しのフライドポテト

そしてこちらが今回のお目当てのステーキ!プライム・ブラックアンガス・リブアイ 66ドルをミディアムで!ウルフギャングやルースズクリスと違って、ジュージュー、アツアツというわけではなく、素材の味を楽しめと言わんばかりのラスベガスで食べたcraft steakのステーキに近い印象です。

プライム・ブラックアンガス・リブアイ 66ドル

プライム・ブラックアンガス・リブアイ 66ドル

焼き加減はさすが注文通りのミディアム。肉の味がしっかりして、冷めるとより肉の味が感じられて、最後まで美味しくいただけました。ただ、ほぼ赤身のステーキでもう少し脂多めの部位であったら、より美味しかったように思います。

注文通りのミディアムな焼き加減

注文通りのミディアムな焼き加減

これで終わりにしておけばよかったのですが、最近お米への欲求が抑えきれず、ついついサイドメニューのスパイシーチャーハン 13ドルも注文してしまいました。

ただ、これが絶品!キムチの素が入っているようなぴりっと辛いキムチチャーハンのような味付けです。中に入っている豚バラがサクサクジューシーでチャーハンとよく合います。見ての通りパラパラではなくべちゃっとしたケチャップライスのような感じなのですが、これがまたいい感じ。ステーキがシンプルなお肉の味だったので、アクセントにちょうどいいチャーハンでした。

スパイシーチャーハン 13ドル

スパイシーチャーハン 13ドル

お会計

今回はお通しのフライドポテトが計算外でちょっと量が多めの注文となってしまいました。残して持って帰るという選択肢もあったのですが、明日は明日で別のものが食べたいということで、時間をかけて食べきるという選択に。

お会計をした時間が食事開始から2時間30分後の7:00pmとなりました。長居したこともあり、飲み物は二人でビール2杯とグラスワイン6杯、料理が4品で税込み164ドルとなりました。あとで気づいたのですが、リブアイがメニューでは66ドルだったのにお会計では67ドルに。メニューが間違えていたのか、カット代を取られたのか、今となっては理由はわかりません。

お会計は税込みで164ドル

お会計は税込みで164ドル

ストリップステーキはクレジットカードOKなので、メインカードのアメックスで支払いました。

(旅行にはクレジットカードが便利!出不精夫婦オススメのクレカはこちら)

お会計を済ませると、帰り際におみやげのポップコーンをいただきました。

お土産にもらったポップコーン

お土産にもらったポップコーン

帰る頃にはハッピーアワーにはあれだけガラガラだったお店がお客さんでいっぱいに。ディナーの時間帯に伺う場合は予約したほうがいいかもしれません。

帰る頃にはお客さんでいっぱい!

帰る頃にはお客さんでいっぱい!

最後に

今回は前回食べられなかったステーキを食べにストリップステーキ ワイキキに再訪してみました。ハッピーアワーもステーキも食べたいのでディナーの少し前に行くというのは見事成功し、ハッピーアワーもステーキも両方楽しむことが出来ました。

ハッピーアワーの時間はお客さんがほとんどいないので、5時くらいまでにお店に行けば、予約もなしにすんなり入れそうです。

料理は前回同様、手の込んでいて、繊細で計算されたようなきがする味で大満足!ステーキは個人的にはウルフギャングやルースズクリスのほうが好きですが、肉の味を純粋に味わいたいという方にはオススメのステーキハウスだと思います。

ハッピーアワーのメニューも増えていて、どれも美味しそうだったので、まだ食べていないメニューを食べにハッピーアワーに来てみたいと思います!

ちなみに前回訪れたときの記事がこちら。めちゃめちゃ美味しかったハンバーガーなどのハッピーアワーメニューを紹介しています。

オープンしたてのストリップステーキ ワイキキでハッピーアワー!
ホノルルハッピーアワー巡り、今回は2016年8月25日にリニューアルオープンしたばかりのインターナショナルマーケットプレイス(INTERNATIONAL MARKET PLACE)内にあるストリップステーキ ワイキキに行ってきました!

日本語でウェブから事前予約!

ストリップステーキは人気ステーキハウスなのでディナーは予約をしておいたほうが安心です!

ハッピーアワーは予約ができませんが、ディナーで訪れるなら、ハワイ旅行に行く前に日本から事前に予約しておくことをおすすめします!

Mappleアクティビティでメニュー込みの予約をする

旅行のガイドブック「まっぷる」や「ことりっぷ」で有名な昭文社が運営する旅ナカ(現地)でより旅を楽しむためのオプショナルツアー予約・販売代行サービス「Mapple(まっぷる) アクティビティ」で今回紹介したハイズ・ステーキハウスのメニューを含めた事前予約サービスを実施しています。

リブアイステーキがメインのキラウエアディナーが95ドル、フィレミニヨンもしくは本日のお魚料理がメインのマウナケアディナーが140ドルでいただけます。

キラウェアディナーの内容はこんな感じです。

【ププ】(ファミリースタイルシェアリング)
・フライドトリオポテト
・ししとうの炒め物、スイカのカルパッチョ、エスプレット、かいわれ
・ロブスタータコス マウイゴールドパイナップル、アボカドクリーム、赤ピーマン

【前菜】
・シーザーサラダ
・白いアンチョビの天ぷら、ガーリックピタクルトン、パルメザンビネガレット

【メイン】(ファミリースタイルシェアリング)
・566g プライム アンガス リブアイ
("東京"トッツ 柚子アイオリ、カツオ、シェフが選んだ季節のお野菜付き)

【デザート】
・デビルフードケーキ、ヴァローナチョコレート、ミルクチョコレートクランチ

ハワイ旅行に行く前に日本語のサイトで事前に予約ができますし、予約の際に料理をあらかじめ選んでおけるので、当日のメニュー選びや英語を話すウェイターさんへの注文に四苦八苦しなくてすみますよ!

さらに、料金にはチップも含まれますので、チップの計算で悩むこともなくなります!

また、まっぷるアクティビティで予約すれば、ワイキキにあるMapple Activity ハワイラウンジでWi-Fiルーター無料貸し出し、ベビーカー無料貸出といった様々な特典を受けられるのも魅力的ですよ!

ハワイラウンジの特典も見る

グルヤクで席のみ予約する

席だけ予約しておいて料理はメニューを見て自分で選びたい!という方は、海外レストランの予約を日本語で簡単にできる「グルヤク」で予約するのがオススメです!


グルヤクは海外レストランの予約を日本語で簡単にできる日本最大の海外レストラン予約サイトです。

グルヤクを運営するのは「ことりっぷ」や「まっぷる」などを出版する「昭文社」なので安心感があります。

グルヤクから予約をリクエストするとグルヤクの中の人があなたに代わってレストランに予約をしてくれます。

予約者とレストランの間にが入っているので、「夜景やサンセットが見れる席がいい」「記念日を祝いたい」など細かい注文を日本語でリクエストすることができちゃいます。

予約手数料が1人につき500円かかりますが、24時間オンラインで日本語予約が可能なので現地語ができなくてもOK!

事前に予約しておけば待ち時間を大幅に短縮できますし、24時間前まで何度でも予約の変更が可能です。


お店情報

■ストリップステーキ ワイキキ (STRIPSTEAK Waikiki)
住所: #330, 2330 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815
URL: http://www.michaelmina.net/restaurants/hawaii/stripsteak-waikiki/

ストリップステーキ ワイキキは私達、出不精夫婦がハワイの美味しいレストランを探す際に参考にしているこちらの本でも紹介されています!

The Hawaii's Best Restaurants  (ザ・ハワイズベストレストラン) (エイムック)
本田 直之
¥ 1,512(2018/12/02 07:56時点)
出不精夫婦がハワイのレストランを探すのに参考にしている本です!

実際に行ってみたハワイのハッピーアワー まとめ

ハワイにはちょっと時間をずらすだけでお得に楽しめるハッピーアワーがたくさん!そんな中で実際に行ってみたハワイのハッピーアワーをまとめました!

実際に行ってみたハワイのハッピーアワー まとめ (2018年10月更新 現在39店舗)
ハッピーアワーを利用すればお酒や料理を割安で楽しめます!普段はなかなか手が出せない高級ステーキハウスの極上ステーキもハッピーアワーなら格安で楽しめます!この記事では実際に行ってみたハワイのハッピーアワーをまとめてみました!