ヘリンボーン ワイキキ (Herringbone Waikiki)でシーフードだらけのハッピーアワー!

Herringbone Waikiki ハワイ - オアフ島のグルメ
スポンサーリンク

今日はインターナショナルマーケットプレイス3階のグランドラナイに2017年8月2日にオープンしたばかりのヘリンボーン ワイキキ (Herringbone Waikiki)のハッピーアワーを紹介します!

ヘリンボーン ワイキキは世界中に店舗展開しているハッカサン・グループが手がけるレストラン。南カリフォルニアをイメージして作られたレストランでサンディエゴ、サンタモニカ、ラスベガスに続き、ワイキキ店は4店舗目になるそう。

お店のコンセプトは「Ocean to Table (海から食卓へ)」。新鮮なシーフードや採れたての食材を使ったお料理が楽しめるレストランです。

そんなワイキキ店の入り口はこんな感じ。

ヘリンボーン 入り口

ヘリンボーン 入り口

中に入るとすぐにバーエリアがあります。ハッピーアワーはこのバーエリアとラウンジエリアのみで楽しめます。

ハッピーアワーが楽しめるバーエリア

ハッピーアワーが楽しめるバーエリア

お店の雰囲気はオシャレな感じで、バーエリアの天井には何かの動物の骨が飾られていたり、装飾も凝っています。

天井からぶら下がる何かの骨

天井からぶら下がる何かの骨

奥のメインダイニングエリアを覗いてみると、一面に植物が植えられている壁や、ガラス張りの厨房が目に入ります。

奥に見えるのはガラス張りの厨房

奥に見えるのはガラス張りの厨房

店内はところどころ緑が植えられていて、居心地のよさそうな空間になっています。

ところどころに緑が生い茂る店内

ところどころに緑が生い茂る店内

ヘリンボーンのハッピーアワー

そんなヘリンボーンのハッピーアワーはオイスターアワーという名称で、毎日午後4時6時2時間実施しています。

インターナショナル・マーケットプレイスのグランドラナイには平日のみしかハッピーアワーを実施していないお店もあるので、毎日実施しているのはうれしいですね!

オイスターアワーの名の通り、料理の目玉はオイスター!

殻付きの生牡蠣が1個2ドル〜でいただけます。

オイスターアワーのフードメニューは次の通り。

  • Two Buck Shuck (殻付き生牡蠣オイスター) 1個2ドル〜
  • Buffalo Octopus (バッファローオクトパス 〜 タコのピリ辛焼き) 11ドル〜
  • Yellowtail Crudo (ハマチのクルード 〜 イタリア風刺身) 15ドル〜
  • Mussels Tikka (マッスルティッカ 〜 ムール貝のインド風) 11ドル〜
  • Wings (ウィングス 〜 チキン手羽先) 11ドル〜
  • Pig & Pineapple Pizza (ピッグ&パイナップル ピザ) 13ドル〜
  • Margherita Pizza (マルゲリータピザ) 9ドル〜

シーフード以外にもチキンウィングやピザなんかもあります。

ヘリンボーン ハッピーアワーのフードメニュー

ヘリンボーン ハッピーアワーのフードメニュー

ドリンクはカクテルが7ドル〜。メニューは次の通りで、見たこともないようなものばかりです。

  • Zesty Refresher (ゼスティリフレッシャー)
    ウォッカ、きゅうりのジュース、ジンジャー、きび砂糖
  • Rye Old Fashioned (ライ・オールドファッション)
    ライウィスキー、きび砂糖、アロマティックビター、オレンジビター
  • Strawberry Tarragon Caiparinha (ストロベリータラゴン・カイピリーニャ)
    カサーシャ(ラム酒のようなブラジル産サトウキビ酒)、タラゴン(ハーブ)、ストロベリー、きび砂糖、ライム
  • Pear 75 (ペアーセブンティファイブ)
    ジン、洋梨、きび砂糖、レモン、スパークリングワイン

また、ワインは6ドル〜、生ビールは5ドル〜で生ビールにはIPAもラインナップされています!

ヘリンボーン ハッピーアワーのドリンクメニュー

ヘリンボーン ハッピーアワーのドリンクメニュー

実際に食べてみた

見たこともないカクテルも気になりますが、やっぱりビール!大好きなIPAを選択し、Union Jack IPAで乾杯です!柑橘系の香りと甘みの後にしっかりした苦味が来て美味しい!

Union Jack IPAで乾杯!

Union Jack IPAで乾杯!

料理の1品目はやっぱり生牡蠣!普段は生牡蠣はあまり食べないのですが、オイスターアワーですし、お店の一押しメニューっぽいので、注文してみました。

そしてやってきたのがこちら。まるまると太った牡蠣でなんだか美味しそう!タバスコとライムも一緒についてきました。

Two Buck Shuck (殻付き生牡蠣オイスター) 1個2ドル〜

Two Buck Shuck (殻付き生牡蠣オイスター) 1個2ドル〜

さらに3種類のソースも一緒にやってきました。上の赤いのがスパイシーカクテル。ホースラディッシュとケッチャップを混ぜたようなソースです。左がキムチ入りミニョネット。キムチの味がします。右下がアップルサイダーでちょっと甘みと酸味があるソースです。

生牡蠣用の3種類のソース。キムチ入りミニョネット、アップルサイダー、スパイシーカクテル

生牡蠣用の3種類のソース。キムチ入りミニョネット、アップルサイダー、スパイシーカクテル

生牡蠣があまり得意でない奥さんはたっぷりのタバスコとキムチ入りミニョネットをかけて挑戦!

「あれ?生臭くない!」と苦手な奥さんでも食べられるほど新鮮でクリーミーな生牡蠣でした。

タバスコとキムチ入りみにょミニョネットをたっぷりかけて

タバスコとキムチ入りみにょミニョネットをたっぷりかけて

続いてやってきたのがBuffalo Octopus (バッファローオクトパス 〜 タコのピリ辛焼き) 11ドル〜。

なんと大きなタコの足が1本まるまると出てきました!

Buffalo Octopus (バッファローオクトパス 〜 タコのピリ辛焼き) 11ドル〜

Buffalo Octopus (バッファローオクトパス 〜 タコのピリ辛焼き) 11ドル〜

これをナイフとフォークでカットして食べるのですが、このタコが肉厚!それでいて柔らかい!味付けはいわゆるバッファローウィングのような辛くて酸っぱい味付けです。そのままでも美味しいのですが、上に乗っているセロリや人参、下に引かれた豆と一緒に食べるとマイルドになってより美味しかったです。

タコの足は太くて肉厚

タコの足は太くて肉厚

3品目もシーフード!Mussels Tikka (マッスル・ティッカ 〜 ムール貝のインド風) 11ドル〜を注文してみました。

こちらはニュージーランドでよく食べたグリーンマッスルがたっぷり。その上にチャパティのような薄いパンがこれまたたくさんのっていて、ボリューム満点!青い葉っぱは苦手なパクチーですが、どかせば全く問題なし。パンにかかっているのはパクチーではなく、パセリなので、パクチーが苦手な人も問題なく食べられます。

味の方もカレーソースがインドカレー風の本格的な味でグッド!パンに浸して一滴残らず平らげてやりました。

Mussels Tikka (マッスル・ティッカ 〜 ムール貝のインド風) 11ドル〜

Mussels Tikka (マッスル・ティッカ 〜 ムール貝のインド風) 11ドル〜

お会計

シーフード3品ではありますが、マッスルティッカについてきたパンがボリューム満点でお腹がいっぱいに。お会計の時間です。

今回は税込みで57.59ドルとなりました。Union Jack IPAが5ドルかと思っていたら、なんと7ドル。生ビール5ドル〜の〜にやられました。でも美味しかったので良しとします。

ヘリンボーンはクレジットカードOKなので、メインカードのアメックスで支払いました。

(旅行にはクレジットカードが便利!出不精夫婦オススメのクレカはこちら)

最後に

今回はオープンしたてのヘリンボーンでのハッピーアワーを紹介しました。肉と魚があったら、迷わず肉を選択する私達ですが、お店のコンセプトが「Ocean to Table」ということでシーフードを選択して正解でした!

注文した料理はどれも美味しく、お店の雰囲気もオシャレなのに居心地もよし。

シーフード好きには特にオススメのレストランです!

お店情報

■ヘリンボーン ワイキキ (Herringbone Waikiki)
場所: 2330 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815
URL: http://herringboneeats.com/locations/waikiki/

Herringbone Waikikiアメリカ料理 / ワイキキ)
夜総合点★★★☆☆ 3.8

実際に行ってみたハワイのハッピーアワー まとめ

ハワイにはちょっと時間をずらすだけでお得に楽しめるハッピーアワーがたくさん!そんな中で実際に行ってみたハワイのハッピーアワーをまとめました!

実際に行ってみたハワイのハッピーアワー まとめ (2018年6月更新 現在37店舗)
【現在37店舗!2018年6月更新!】お得が好きならハッピーアワー!ハッピーアワーをご存知でしょうか?ハッピーアワーとはピークタイムからちょっと外れた少し早い時間や遅い時間帯にドリンクやおつまみを通常より割安な価格で提供する、レスト...