覚えておくべきヒルトン・グランド・バケーションズの3つの予約方法と変更、キャンセルのルール

hilton hawaiian viledge タイムシェア基礎知識
スポンサーリンク

ヒルトンのタイムシェアは予約がなかなか取れないという話をよく耳にします。確かにハワイのリゾートは人気が高く、競争率が高いので予約をとるのは大変ですが、それでも私たちはクラブ予約がスタートする9ヶ月前のタイミングで予約をすることで、毎年、ほぼ希望通りの予約を取ることが出来ています。

このようにヒルトンのタイムシェアの予約を希望通りに行うには、ちょっと複雑な予約の仕組みを理解することが不可欠です。

ということで今回はヒルトンのタイムシェア(ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ)の主要な3つの予約の詳細と予約の変更、キャンセルについて紹介します!

覚えておくべき3つの主要な予約方法

クラブのリゾートの主要な予約方法は、次の3つがあります。

  1. ホームウィーク予約
  2. クラブ予約
  3. オープンシーズンレンタル予約

これ以外にホームリゾート予約とバイ・ヒルトンクラブ優先交換という予約の仕方がありますが、ウエスト57ストリート(ニューヨーク)、ザ・レジデンス・バイ・ヒルトン・クラブ(ニューヨーク)、ザ・ディストリクト・バイ・ヒルトン・クラブ(ワシントンDC)のオーナーさんのみが利用できる予約方法なので、今回は割愛します。

ホームウィーク予約

ホームウィーク予約とは、自分が所有している部屋に対して、契約したシーズンに、リゾート指定の曜日(ハワイを含む多くのリゾートでは土曜日)から7泊固定の予約を1年前から行える、部屋を所有しているオーナーが優先的に行える予約のことです。

所有している部屋のみが対象なので、グランドワイキキアンのオーナーがラグーンタワーを予約できません。また、同じグランドワイキキアンのオーナーでも所有している部屋が3ベッドルームであれば、1ベッドルームや2ベッドルームを予約することは出来ません。さらにプラチナシーズンを所有している場合はゴールドシーズンなどの他のシーズンの予約もできません。

ホームウィーク予約ができる期間はチェックインの365日(1年)前から、希望するチェックイン日の276日前(約9ヶ月前)までの約90日間になります。(ただし、ホクラニとザ・グランドアイランダーのホームウィーク予約はチェックインの365日(1年)前から、希望するチェックインの186日(約6ヶ月)の約6ヶ月間に設定されています。)

ホームウィーク予約には手数料がかかりません

ホームウィーク予約には当年度のクラブポイントのみが使用できます。クラブポイントは使いきれなかったポイントを翌年に繰り越したり(セーブドポイントと呼びます)、翌年のポイントを前借りしたりできますが、そういったポイントはホームウィーク予約に使用できません。

ホームウィーク予約は指定日から7泊固定の予約で、確定すると所有する部屋に割り当てられた年間クラブポイントが全て使用されます。

固定週またはイベント週を所有している場合、該当する週が毎年自動的に予約されます。毎年滞在したい週が決まっているのであれば、割高にはなりますが、浮動週でなく、固定週またはイベント週を購入することで、毎年の予約の手間なく、確実に部屋を押さえることができます。

また、予約をキャンセルすれば、後述のキャンセル規定に基づいてクラブポイントが口座に戻ってきますので、そのポイントを利用して、他のリゾートの予約を行えます。

私たちは固定週の部屋を持っていますが、毎年キャンセルして、次のクラブ予約に使用しています。

ホームウィーク予約の特徴をまとめると次のようになります。

  • ホームウィーク予約は部屋のオーナーが優先的に行える予約
  • ホームウィーク予約ができるのは自分で所有している部屋のみ
  • 所有しているリゾートでも同じ部屋タイプ、同じシーズンのみ予約可能
  • チェックインの365日前から276日前(ホクラニとアイランダーは186日前)に予約可能
  • チェックイン日は固定(多くのリゾートでは土曜日)で日数も7泊で固定
  • 予約するには希望チェックイン年に割り当てられた全クラブポイントが口座にある必要がある
  • 予約手数料は無料
  • 固定週またはイベント週を所有すれば自動で予約してくれる

クラブ予約

クラブ予約は3泊以上の宿泊が条件で、所有するリゾートだけでなく、クラブ内のリゾートであればどこでも、ポイント(クラブポイント、セーブドポイント、ボーナスポイント)を使用して行える予約です。

クラブ予約が行える期間はリゾートによって異なりますが、 通常チェックアウト日の276日(約9か月)前から開始します。(ホクラニとザ・グランド・アイランダーのクラブ予約期間はチェックアウト日の186日(約6か月)前から、ウエスト57ストリート、ザ・レジデンス、ザ・ ディストリクトについてはチ ェックアウト日の44日前から開始します。)クラブ予約はチェックインの1日前まで可能です。

クラブ予約にはボーナスポイントを使用することもできますが、クラブポイントまたはセーブドポイントと合算することは出来ません。

クラブ予約には手数料がかかります。2018年現在、オンラインでのクラブ予約には65ドル、電話でのクラブ予約には80ドルがかかります。(エリート会員になると、手数料の割引や免除の特典があります。エリート会員の特典についての詳細はこちらをご覧ください。)

クラブ予約の特徴は次のとおりです。

  • ポイントを使用して予約する
  • 自分の所有するリゾート以外も予約可能
  • 3泊以上の宿泊が条件
  • ホームウィーク予約期間終了(通常チェックアウトの276日前)からチェックインの1日前の間で予約可能
  • 予約手数料がかかる(エリート会員には割引や免除あり)

オープンシーズンレンタル予約

オープンシーズンレンタル予約は2泊以上の宿泊が条件で、各リゾートに設定されたレンタル料金を支払って行う予約です。ポイントではなく現金を支払って予約できます。

予約は「オープンシーズン予約期間」と呼ばれる期間内に行います。オープンシーズン予約期間は通常チェックアウトの30日前からチェックインの1日前となります。

ザ・レジデンスとザ・ディス トリクトのオープンシーズン予約期間は、両リゾートのオーナーのみが対象となります。グランド・ワイキキアンとザ・グランド・アイランダーのペントハウスのオープンシーズン予約期間は同リゾートのペントハウスオーナーのみが対象となります。ウエスト57ストリートも同リゾートのオーナーのみが対象でチェックアウトの15日前からになります。ただし、オーナーとクラブの利益を最大限にするためにオーナー以外にレンタル可能とする場合もあるようです。

オープンシーズンレンタル予約はクラブメンバーの個人的な利用のみを対象とし、本人以外のゲストのみの利用はできません。(ホームウィーク予約、クラブ予約は事前にゲスト登録しておけばゲストのみの利用も可能です。ただしゲスト登録手数料がかかります。)

レンタル料金は予約確定時に全額支払う必要があります。(エリート会員特典として最大30%の割引があります。エリート会員特典の詳細はこちらをご覧ください。)

オープンシーズンレンタル予約にも予約手数料がかかります。(こちらもエリート会員特典で割引や無料になります。エリート会員特典の詳細はこちらをご覧ください。)

オープンシーズンレンタル予約の特徴は以下のとおりです。

  • ポイントではなく現金で予約
  • 自分の所有するリゾート以外も予約可能(ただし例外あり)
  • 2泊以上の宿泊が条件
  • チェックアウト希望日の30日前からチェックインの1日前まで予約可能
  • 予約手数料がかかる(エリート会員には割引や免除あり)
  • オーナー本人のみ利用可。ゲストのみの利用はできない。

3つの予約の予約期間を表にすると次のようになります。

予約期間
日数365日276日186日30日
 ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブのリゾート(一部除く)
ホームウィークホームウィーク
優先予約期間
チェックイン
365日〜276日前
クラブ
(3泊以上)
クラブ
予約期間
チャックアウトの
276日前に開始
オープンシーズン
(2泊以上)
オープンシーズン
予約期間
チェックアウト
30日前に開始
 ホクラニ・ワイキキおよびザ・グランド・アイランダー
ホームウィークホームウィーク
優先予約期間
チェックイン
365日〜186日前
クラブ
(3泊以上)
 クラブ
予約期間
チャックアウト
186日前に開始
オープンシーズン
(2泊以上)
オープンシーズン
予約期間
チェックアウト
30日前に開始

ウエスト57ストリート(ニューヨーク)、ザ・レジデンス・バイ・ヒルトン・クラブ(ニューヨーク)、ザ・ディストリクト・バイ・ヒルトン・クラブ(ワシントンDC)については、クラブ予約がチェックアウトの44日前に始まり、オープンシーズン予約はウエスト57ストリートがチェックアウトの15日前、ザ・レジデンスとザ・ディストリクトがチェックアウトの30日前にスタートです。最低宿泊日数はウエスト57 ストリート、ザ・レジデンス、ザ・ディストリクトのホームリゾート予約、クラブ予約、オープンシーズン予約については最低1泊が条件です。

変更とキャンセルのルール

変更

ホームウィーク予約はもともと手数料ゼロなので、気軽に変更できますが、クラブポイントを使用したクラブ予約も追加の手数料なく変更することが出来ます。ただし、変更後の旅行は当初の予約と同じ暦年内に完了する必要があります。(ボーナスポイントを使用した予約は対象外です。)

予約の変更により、当初の予約に使用したクラブポイントと同じ、もしくはそれを上回るポイントを使用する場合、チェックインの1日前まで変更が可能です。

予約の変更により、当初の予約に使用したクラブポイントよりも使用するポイントが少なくなる場合、チェックインの31日前までは手数料を支払うことなく変更可能ですが、到着予定の30日前をすぎると変更不可となり、通常のキャンセル規定が適用されます。

キャンセルプロテクション

ホームウィーク予約、クラブ予約については、予約時に有料でキャンセル・プロテクションを申し込むことが出来ます。

キャンセル・プロテクションにより、到着予定日の30日前以降であっても、クラブポイントを使用した予約をポイントを喪失することなくキャンセルすることが可能です。ただし、予約手数料の返金はありません。

キャンセル・プロテクションはボーナスポイントを使用した予約には利用できません。

固定週またはイベント週を所有するオーナーは、自動予約のキャンセルプロテクションを有料で追加できます。追加はオンラインでできないため、クラブに電話連絡する必要があります。

リゾート予約のキャンセル

リゾート予約のキャンセルは次のようなルールになっています。

  • チェックインの31日以上前のキャンセルについては、予約手数料(該当する場合)は返金されません。
  • チェックインの30日から15日前のキャンセルについて は、予約手数料(該当する場合)は返金されず、予約確定時に使用した通貨(クラブポイント、ボーナスポイント、オープンシーズンレンタル料金)の25%は返ってきません。
  • チェックインの14日から6日前のキャンセルについては、予約手数料(該当する場合)は返金されず、予約確定時に使用した通貨の50%は返ってきません。
  • チェックインの5日前以内のキャンセルについては、予約手数料(該当する場合)は返金されず、予約確定時に使用した通貨は100%全額返ってきません。
  • ボーナスポイントの有効期限以降にボーナスポイントを使 用した予約をキャンセルした場合、使用したボーナスポイントは100%全額返ってきません。
  • クラブポイントまたはボーナスポイントを使用した予約を後にキャンセルした場合、オープンシーズンレンタル料金で同じリゾートを同じ期間で再予約することはできません。

リゾート予約キャンセルのペナルティをまとめた表がこちらになります。

リゾート予約キャンセルのペナルティ
31日以上前30〜15日前14〜6日前5日前以内
ホームウィーク予約なし使用した
ポイントの
25%
使用した
ポイントの
50%
使用した
ポイントの
100%
クラブ予約予約手数料予約手数料
+
使用した
ポイントの
25%
予約手数料
+
使用した
ポイントの
50%
予約手数料
+
使用した
ポイントの
100%
オープンシーズン
レンタル予約
支払い済み
レンタル料金の
25%
支払い済み
レンタル料金の
50%
支払い済み
レンタル料金の
100%

最後に

いかがでしたでしょうか?今回はヒルトン・グランド・バケーションズの主要な3つの予約の特徴と、変更、キャンセルについての詳細を紹介しました。

今回ご紹介したとおり、クラブ予約の変更には追加の手数料はかかりませんし、チェックインの31日前までならば、ポイントに対するペナルティもありませんので、先のことはわからないと予約を躊躇するのではなく、早め早めに予約をとっていくことが、ヒルトン・グランド・バケーションズを活用するコツではないかと思います!

また、部屋の空き状況は刻一刻と変わりますので、以前見たときは満室だったのに、少し立って確認したら空きがでていたなんてこともあります。希望の日程に予約できなくても諦めずに、こまめにチェックすることも大切です。

その他のタイムシェアについての記事

実際に使ってみてわかったヒルトンのタイムシェアの特徴
タイムシェアという言葉を聞いたことがあるでしょうか?今回はリーズナブルな値段で毎年ハワイなどのリゾート地に旅行するのに役にたつかもしれないタイムシェアについて、実際にタイムシェアオーナーである出不精夫婦の観点からその特徴をご紹介します。...
ヒルトン・グランド・バケーションズのクラブポイント、ボーナスポイントを無駄なく使い切るために知っておくべきこと
ヒルトンのタイムシェア(ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ)を活用するには、ポイントの種類と仕組みを知っていおくことも大切です。ということで、今回はクラブポイントとボーナスポイントについて紹介します。クラブポイントヒル...
【2018年版】どんなお金がかかるの?ヒルトン・グランド・バケーションズの利用にかかる料金まとめ
これまで、ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブを有効利用するための3つの予約の方法やクラブポイントとボーナスポイントを無駄なく使い切るための方法を紹介しましたが、予約手数料やポイントを延長するための手数料がかかることに一体どれだけお金...
ヒルトン・グランド・バケーションズのリゾート一覧と1ベッドルーム1週間を予約するのに必要なポイント
ヒルトンのタイムシェア(ヒルトン・グランド・バケーションズ)というとハワイのリゾートを思い浮かべる方も多いと思いますが、ラスベガスやフロリダといった米国本土だけでなく、メキシコやヨーロッパ、アジアのリゾートもあるんです!でもどのリゾート...
ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ(HGVC)のエリートステータス到達条件と特典
前回、ヒルトンのタイムシェア(HGVC)にも飛行機のマイレージプログラムの様に、上級会員プログラムが存在すること、そのプログラムとヒルトンHオナーズの関係を紹介しました。今回はさらに詳しく、HGVCの上級会員プログラムについて紹介したい...

タイムシェアのある生活をスタートする!

出不精夫婦が初めてヒルトンのタイムシェアを知ったのは2013年のハワイ旅行で、ヒルトンハワイアンビレッジに宿泊したときのことでした。

ヒルトン・グランド・バケーションズの90分の説明会を聞けば、100ドル相当の「ヒルトン スターライト ルアウ」のチケットを2名分くれると聞いて、説明会に参加してみることにしたのです。

最初は全くオーナーになる気はなかったのですが、営業さんの熱心な説明に初ハワイの浮かれた気分も手伝って、気がつけば契約書にサインを交わしていました。

出不精だった私達ですが、それからというもの、毎年このヒルトンのタイムシェアを利用してハワイやラスベガス、メキシコといった海外に旅行にでかけるようになり、旅が中心の生活をするようになりました。

こんな私達のようにタイムシェアのある生活をヒルトンハワイアンビレッジからスタートしてみてはいかがでしょうか?

以下のリンクからヒルトンハワイアンビレッジの予約ができますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事にコメントする
タイムシェア基礎知識
スポンサーリンク
ツイート・シェアして他の人にもこの記事をお知らせする
Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!
あわせてこちらもどうぞ!(一部広告あり)
出不精夫婦が暮らすように旅するブログ