沖縄のやきとり白鳥 (スワン)はさばきたて新鮮な福幸地鶏を堪能できる!

やきとり白鳥 福幸地鶏のネック 沖縄のグルメ
スポンサーリンク

今日は沖縄のブランド地鶏「福幸地鶏」が楽しめる焼き鳥屋さん、「やきとり白鳥(スワン)」を紹介します!

やきとり白鳥(スワン)とは?

やきとり白鳥の店主の大谷さんはとにかくやきとりに対する熱い思いを持っているんです!

やきとりの屋台からスタートして、より美味しいやきとりを求めるうちに、自分で地鶏を開発するまでに!

それで誕生した地鶏が「福幸地鶏」。

開発開始から6年以上の歳月をかけて少量の出荷体制が整ってきたそうです。

やきとり白鳥(スワン)はそんな福幸地鶏の開発者である大谷さんが自ら店長を努め、その日にさばいた福幸地鶏を注文時に串刺しし、焼き上げたやきとりを定員10名までの寿司屋のようなカウンターでいただけるというお店なんです!

そんなやきとり白鳥(スワン)は沖縄県那覇市、ゆいレールの旭橋駅から徒歩5分のところにあります。

お店の外観はこちら。

やきとり白鳥 お店外観

やきとり白鳥 お店外観

手作り風の黄色い看板がかわりらしいです。

そんな可愛らしい外観のお店の中に入ると、がらっと雰囲気が変わります。

寿司屋のような洗練された店内に用意されているのは10席のカウンター席のみ。

やきとり白鳥の店内

やきとり白鳥の店内

注文してから串刺しし、美味しい焼き鳥を焼き上げるにはこれ以上席を増やすことが出来ないのかもしれません。

やきとり白鳥(スワン)のメニュー

やきとり白鳥は鶏1羽からさばいているので、鶏の各部位を均等に食べていただくために、おまかせで食事が出てくるスタイルになっています。

前日までに予約をした場合、コース料理を予約することもできます。

やきとり白鳥のメニュー 説明ページ

やきとり白鳥のメニュー 説明ページ

予約が必要な白鳥コースのお品書きがこちら。

一人4500円で以下の料理が出てくるようです。

  • たたき
  • ささみわさび
  • だし巻き玉子
  • 正肉串2本
  • 日替わりシャルキュトリー
  • 外肉2本
  • 白鳥つくね
  • 焼きおにぎり または 厚揚げ豆腐串
  • 内蔵串2本
  • 野菜串2本
  • レバーペースト
  • ニューメン
  • デザート
やきとり白鳥のメニュー 白鳥コース(要予約)

やきとり白鳥のメニュー 白鳥コース(要予約)

前日までにコースを予約していない場合は「おまかせ焼き」になります。

メニューには福幸地鶏 串盛りと、逸品料理として、福幸地鶏ラーメン、だし巻き玉子、焼き鳥重もありますが、基本はおまかせで出てきたものを食べて欲しいという感じでした。

やきとり白鳥のメニュー おまかせ焼き、福幸地鶏串盛り、逸品料理

やきとり白鳥のメニュー おまかせ焼き、福幸地鶏串盛り、逸品料理

飲み物はビール、ハイボール、泡盛、日本酒、ワインなど一通り揃っています。

やきとり白鳥のドリンクメニュー

やきとり白鳥のドリンクメニュー

実際にたべてみた。

今回はゴールデンウィーク前で、運が良かったのか、当日昼間に予約の電話をしたところ、開店直後の18時に席を確保することができました!

当日予約なので、コースは予約できず、おまかせ焼きです。

到着早々生ビールで乾杯!

生ビールで乾杯!

生ビールで乾杯!

お通しできゅうりとたくあんの味噌漬けが出てきました。

味噌の香りがグッド。焼き鳥が出てくるまでのおつまみとして良かったです。

お通しはきゅうりとたくあんの味噌漬け

お通しはきゅうりとたくあんの味噌漬け

最初の一品は「だし巻き玉子」。

これは間違いない美味しさですね!アツアツで出てきて最高です!

福幸地鶏のだし巻き卵

福幸地鶏のだし巻き卵

こちらは串を抜くことができる特注の焼き鳥皿。

 

特注のやきとり皿

特注のやきとり皿

下の動画のように簡単に焼き鳥を串から外すことが出来ます。

皿まで特注とは店主の焼き鳥への情熱が伝わってきますね!

最初のやきとりは「ささみわさび」。

ほぼレアに焼き上げられたささみはもちもちで塩加減もよくグッド!

福幸地鶏のささみわさび

福幸地鶏のささみわさび

続いて、「モモ」がやってきました。

ジューシーかつ弾力もあって地鶏っぽさ満点です!

福幸地鶏のモモ

福幸地鶏のモモ

続いてやってきたのが「ねぎま」。

こちらも美味しい!

福幸地鶏のねぎま

福幸地鶏のねぎま

お酒も進んで、2杯目は白ワインと白州ハイボール!

2杯目はハイボールと白ワイン

2杯目はハイボールと白ワイン

お次は大物!「手羽先&手羽元」です!

出不精夫婦オススメの一品です!

写真には撮れませんでしたが、たべ終わった後の骨をぜひ見てみてください!

陶磁器のような驚きの白さです!

さばきたての新鮮な地鶏だからこその色なんだとか!

福幸地鶏の手羽先&手羽元

福幸地鶏の手羽先&手羽元

こちらは「砂肝」。

大ぶりで砂肝の食感もあるのに柔らかい!

福幸地鶏の砂肝

福幸地鶏の砂肝

お酒もどんどんすすみます。3杯目は赤ワインに!

3杯目は赤ワイン

3杯目は赤ワイン

ヤゲン軟骨がやってきました。

コリコリまいうー。

福幸地鶏のヤゲン軟骨

福幸地鶏のヤゲン軟骨

こちらは野菜串の「ズッキーニ」。

みずみずしくてさっぱりします。

ズッキーニ

ズッキーニ

赤ワインを飲んでいると、店主から「赤ワインならレバーペーストたべますか?」と言われたのでもちろん「はい!」と返事をします。

出てきたのがこちら。

美味しいので、もう少し量が多かったらよかったかなー。

福幸地鶏のレバーペースト

福幸地鶏のレバーペースト

焼き鳥もそろそろ終盤に入ってきました。

やってきたのは「皮」。

焼き鳥の中では「ぼんじり」と「皮」が特に好きなのでこれは嬉しい!

もちろん味もグッドでした。

福幸地鶏のカワ

福幸地鶏のカワ

お酒もまだまだ行きます。4杯目は日本酒に。ワイングラスで出てきます。

4杯目は日本酒!

4杯目は日本酒!

こちらは「セセリ」。

なんと首がまるごと焼かれて出てきました!

大きく見えますが、ほとんど骨で周りの肉をかじりついて食べます。

福幸地鶏のセセリ

福幸地鶏のセセリ

焼き鳥の最後は「つくね」!

軟骨入りでボリュームもあってめちゃめちゃ美味しい!

手羽先と同じくらいオススメの一品でした!

福幸地鶏のつくね

福幸地鶏のつくね

お腹もいっぱいになってきたので、これで焼き鳥は終わりにして、シメをお願いします。

やってきたのがこちらのニューメン。

鳥のダシがしっかりでていて優しいお味でした。

シメのニューメン

シメのニューメン

お会計

お腹もいっぱい、お会計です!

金額は10,800円。

お会計は10,800円

お会計は10,800円

手羽先の骨がとてもキレイだったり、その場で捌いて串刺ししているところを見れたりと、鶏の新鮮さを感じることができ、1本1本の焼き鳥がどれも美味しかったですし、お酒もたくさん飲んだので納得満足の金額でした。

最後に

今回は沖縄では珍しい地鶏を、焼き鳥に熱い思いを持った店主が焼き上げる美味しい焼き鳥やさん「やきとり白鳥(スワン)」を紹介しました!

半年前に10席のみの寿司カウンター形式の店舗になったそうですが、希少な福幸地鶏を食べられる焼き鳥屋さんは今後どんどん人気が出て予約が取りにくくなるんじゃないかと感じました。

お店詳細

■ やきとり白鳥 (スワン) (食べログで見る)
URL: https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47004934/ 住所: 沖縄県那覇市泉崎1-17-1

やきとり 白鳥焼き鳥 / 旭橋駅県庁前駅壺川駅
夜総合点★★★★ 4.3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事にコメントする
沖縄のグルメ
スポンサーリンク
ツイート・シェアして他の人にもこの記事をお知らせする
Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!
あわせてこちらもどうぞ!(一部広告あり)
出不精夫婦が暮らすように旅するブログ