ハワイに安く行く方法を紹介中!詳しくはこちらをクリック!
スポンサーリンク

アロハテーブル・ワイキキでグランプリ受賞のロコモコを食べる!

神戸ビーフ・プレミアム・ロコモコハワイ - オアフ島のグルメ
神戸ビーフ・プレミアム・ロコモコ

ハワイのローカルフードの代表格といえばロコモコ!

どうせ食べるなら美味しいロコモコが食べたい!

ということで、今回は日本人によるハワイ・ランキング・アワード「111-HAWAII AWARD(ワン・ワン・ワン ハワイ アワード)」のロコモコ部門にて1位を獲得したロコモコを食べにアロハテーブル・ワイキキに行ってきました!

アロハテーブル・ワイキキとは

東京、横浜、名古屋と日本でも多数店舗を展開する「アロハテーブル」ですが、アロハというハワイっぽい名前の通り、本店はハワイのワイキキにあります。

ワイキキ本店の場所はT ギャラリア ハワイby DFSの東側、ワイキキショッピングプラザの裏側です。

お店の外観はこちら。

アロハテーブル・ワイキキのお店外観

アロハテーブル・ワイキキのお店外観

木製のハワイっぽい看板が目印です。

アロハテーブル・ワイキキの看板

アロハテーブル・ワイキキの看板

看板の横にはおすすめメニューや営業時間が書かれた看板があります。

アロハテーブル・ワイキキ入り口のボード

アロハテーブル・ワイキキ入り口のボード

ハッピーアワーも毎日実施していて、時間は午後3時〜6時の3時間。

ただ、今回は夜7時に訪れたのでハッピーアワーには間に合いませんでした。

ハッピーアワーは毎日3:00PMから6:00PM

ハッピーアワーは毎日3:00PMから6:00PM

ハッピーアワーではないのは残念ですが、グランプリ受賞のロコモコを食べるためです。

お店へと続く階段を登っていきます。

アロハテーブル・ワイキキ 2階の店内へと続く階段

アロハテーブル・ワイキキ 2階の店内へと続く階段

今回訪れたのは日曜夜7時ごろだったのですが、店内はお客さんでいっぱい。

運がいいことにテーブルが1つ空いていて、待つことなく席につくことができました。

アロハテーブル・ワイキキのメニュー

席についたらメニューのチェックです!

アロハテーブル・ワイキキのメニュー 表紙

アロハテーブル・ワイキキのメニュー 表紙

最初のページはおつまみ料理。

テイスト・オブ・アロハというハワイのローカルフード4種類の盛り合わせが一押しのようです。

アロハテーブル・ワイキキのメニュー ププ・スナック

アロハテーブル・ワイキキのメニュー ププ・スナック

2ページ目は肉料理とローカルフード。

ハワイアンジンジャーリブアイステーキはボリュームもありそうで気になりますね!

アロハテーブル・ワイキキのメニュー 肉料理・ローカルフード

アロハテーブル・ワイキキのメニュー 肉料理・ローカルフード

3ページ目はサラダとパスタ・麺料理です。

ローカルポークとアロハ醤油のフライドサイミンはハワイっぽさ満点ですね!

アロハテーブル・ワイキキのメニュー サラダ・パスタ・麺

アロハテーブル・ワイキキのメニュー サラダ・パスタ・麺

4ページ目はご飯料理。

今回お目当てのロコモコがどどーんと掲載されています!

それと、左下のガーリックフライドライスもフライドライス好きには気になります。

アロハテーブル・ワイキキのメニュー ロコモコ・ご飯物

アロハテーブル・ワイキキのメニュー ロコモコ・ご飯物

5ページ目はキッズメニューとデザートです。

アロハテーブル・ワイキキのメニュー キッズ・デザート

アロハテーブル・ワイキキのメニュー キッズ・デザート

6ページ目からドリンクメニューに入りました。

最初はホームメイドのソフトドリンク。

レモネード、ジンジャーエール、アイスティーとどれもこだわりがありそうです。

アロハテーブル・ワイキキのメニュー ソフトドリンク

アロハテーブル・ワイキキのメニュー ソフトドリンク

7ページ目はビーチカクテル。

ハワイ気分を味わえそうなカクテルが揃ってますねー!

アロハテーブル・ワイキキのメニュー ビーチカクテル

アロハテーブル・ワイキキのメニュー ビーチカクテル

8ページ目はさらに豪華なスペシャルカクテルでしょうか。

パイナップルに入っていたり、フローズンマルガリータにコロナビールが刺さっていたりとより一層南国気分を味わえるカクテルですね!

アロハテーブル・ワイキキのメニュー ビーチカクテル2

アロハテーブル・ワイキキのメニュー ビーチカクテル2

9ページ目はカクテル以外のアルコールです。

アロハテーブル・ワイキキのメニュー ビール・ワイン・焼酎

アロハテーブル・ワイキキのメニュー ビール・ワイン・焼酎

生ビールはコナブリューイングカンパニーのロングボードラガーのみ。

ハッピーアワーではロングボードラガーを含めた以下のドリンクが割引になるようです。

  • ロングボードラガー 6.00ドル → 4.80ドル
  • バドライト 4.25ドル → 2.80ドル
  • 赤・白ワイン 7ドル → 4.80ドル
  • いいちこ 6.00ドル → 4.50ドル

実際に食べてみた

さて、メニューを一通り確認したところで、お酒を注文!

生ビールが飲みたかったのでロングボード・ラガー6.5ドルで乾杯です!

ロングボード・ラガー(生ビール) 6.5ドルで乾杯!

ロングボード・ラガー(生ビール) 6.5ドルで乾杯!

スパイシー・チキンウィング 12.00ドル

料理1品目はスパイシー・チキンウィング 12.00ドルにしてみました。

スパイシー・チキンウィング 12.00ドル

スパイシー・チキンウィング 12.00ドル

いわゆるアメリカの定番料理、バッファローウィングです!

大きめの手羽先と手羽元がそれぞれ3本ずつの計6本。

ボリュームもなかなかです。

タバスコの効いた辛い味が何度も食べるうちに癖になってくるんですよねー。

ローカル・ロメインレタスのシーザーサラダ 14.00ドル

続いてやってきたのがローカル・ロメインレタスのシーザーサラダ 14.00ドルです。

ローカル・ロメインレタスのシーザーサラダ 14.00ドル

ローカル・ロメインレタスのシーザーサラダ 14.00ドル

野菜も食べないとねということで注文したのですが完全なアメリカンスタイル!

ローカル・ロメインレタスの他にも大ぶりにカットされたベーコンとクルトンがたくさん入っていて、これだけを2人で食べてもお腹いっぱいになりそうなボリュームです。

味の方はというと本格派!

ただ、本格派ゆえにちょっと私達にはびみょー。。

私達の言う本格派はアンチョビが入っているかどうか。

アロハテーブルのシーザーサラダはアンチョビが入っているようで私達にはちょっと生臭い感じを感じてしまいました。

KOBE-STYLE BEEF プレミアム・ロコモコ 19.00ドル

最後にやってきたのは今回のお目当て、ハワイ州観光局公認プログラム”111-HAWAII AWARD”ハワイフード/ロコモコ部門にて1位に選ばれたKOBE-STYLE BEEF プレミアム・ロコモコ 19.00ドルです!

厳選された神戸ビーフを使用したパティーに、マッシュルームとオニオンの旨味とコクのデミグラソース。神戸牛の上質な肉汁と、野菜の甘みが溶け込んだ濃厚で香り高いデミグラス相性が抜群のプレミアム・ロコモコということで期待が高まります!

KOBE-STYLE BEEF プレミアム・ロコモコ 19.00ドル

KOBE-STYLE BEEF プレミアム・ロコモコ 19.00ドル

やってきたロコモコを見てみると極めてシンプル!

白いご飯に大ぶりのハンバーグと卵2つの目玉焼き。

まわりにはたっぷりのデミグラスソースという構成です。

上から見たKOBE-STYLE BEEF プレミアム・ロコモコ 19.00ドル

上から見たKOBE-STYLE BEEF プレミアム・ロコモコ 19.00ドル

とりあえず真ん中で半分に割ってみました!

半分に割ってみたKOBE-STYLE BEEF プレミアム・ロコモコ 19.00ドル

半分に割ってみたKOBE-STYLE BEEF プレミアム・ロコモコ 19.00ドル

19ドルと値段は高めですがその分ボリュームは満点。

2人で1皿を食べましたが十分満足できるボリュームです。

味の方はというと、グランプリ受賞ということでちょっと期待しすぎたせいでしょうか、少し拍子抜けしてしまいましたが、日本人なら子供から大人まで嫌いな人はいないであろうという王道のデミグラスソースハンバーグの味わい。

ハンバーグはしっかりとこねられた柔らかめで、こちらも老若男女嫌いな人はいないであろうといった感じです。

私達は粗挽きの肉を感じるハンバーグが好きなので、ウルフギャングシグネチャーのようなステーキハウスのロコモコのほうが好みでした!

お会計

ロコモコとスパイシーチキンウィングを平らげ、シーザーサラダを少し食べたところでお腹いっぱい、お会計です。

ビールは最初の2杯のみでしたが、あとで食べるようにお持ち帰りで気になっていたオリジナルガーリックフライドライスを追加で注文したので、お会計は合計で73.30ドルとなりました。

お会計は73.30ドル

お会計は73.30ドル

アロハテーブル・ワイキキはクレジットカードOKなので、メインカードのアメックスで支払いました。

(旅行にはクレジットカードが便利!出不精夫婦オススメのクレカはこちら)

翌日食べたフライドライス

お持ち帰りのフライドライスはこんなボックスに入れてもらいました。

持ち帰ったオリジナル・ガーリック・フライドライス 14.00ドル

持ち帰ったオリジナル・ガーリック・フライドライス 14.00ドル

フタを開けると、オリジナル・ガーリック・フライドライス 14.00ドルの登場です。

オリジナル・ガーリック・フライドライス 14.00ドル

オリジナル・ガーリック・フライドライス 14.00ドル

ベーコンやにんにくがたっぷりと入っていて、鉄板焼屋さんで食べるガーリックライスのような味わいでとっても美味しかったです!

ベーコン、ガーリックたっぷりのオリジナル・ガーリック・フライドライス 14.00ドル

ベーコン、ガーリックたっぷりのオリジナル・ガーリック・フライドライス 14.00ドル

最後に

今回はグランプリ受賞のロコモコを食べにアロハテーブル・ワイキキに行ってきました!

グランプリ受賞のロコモコは日本人なら嫌いな人がいないであろう誰からも愛されそうな味わいで、驚きこそしませんでしたが美味しくいただきました!

チキンウィングやガーリックフライドライスもボリュームだけでなく、味付けも日本人好みで、他の何を食べても美味しいんだろうなーと思いました!

日本語でウェブから事前予約!

「アロハテーブル・ワイキキ」はいつもお客さんで混み合っている人気店!

混雑しなさそうな時間に訪れるなら予約の必要はありませんが、ランチやディナーの時間に訪れるならハワイ旅行に行く前に日本から事前に予約しておくことをおすすめします!

グルヤクで席のみ予約する

アロハテーブル・ワイキキの予約には、海外レストランの予約を日本語で簡単にできる「グルヤク」がオススメです!

グルヤクでアロハテーブルを予約する

グルヤクは海外レストランの予約を日本語で簡単にできる日本最大の海外レストラン予約サイトです。

グルヤクを運営するのは「ことりっぷ」や「まっぷる」などを出版する「昭文社」なので安心感があります。

グルヤクから予約をリクエストするとグルヤクの中の人があなたに代わってレストランに予約をしてくれます。

予約者とレストランの間にが入っているので、「夜景やサンセットが見れる席がいい」「記念日を祝いたい」など細かい注文を日本語でリクエストすることができちゃいます。

予約手数料が1人につき500円かかりますが、24時間オンラインで日本語予約が可能なので現地語ができなくてもOK!

事前に予約しておけば待ち時間を大幅に短縮できますし、24時間前まで何度でも予約の変更が可能です。

お店情報

■アロハテーブル・ワイキキ
場所:2238 Lauula St, Honolulu, HI 96815
URL:http://waikiki.alohatable.com/

徒歩圏内のヒルトン系列ホテル

徒歩4分

ホクラニ ワイキキ バイ ヒルトン グランド バケーションズ
住所:2181 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815
トリップアドバイザーで口コミを見る Hotels.comで予約する

徒歩5分

エンバシー スイーツ バイ ヒルトン ワイキキ ビーチウォーク
場所:201 Beach Walk, Honolulu, HI 96815
トリップアドバイザーで口コミを見る Hotels.comで予約する

徒歩6分

ヒルトン ガーデン イン ワイキキ ビーチ
場所:2330 Kūhiō Ave, Honolulu, HI 96815
トリップアドバイザーで口コミを見る Hotels.comで予約する